体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲームブログの『FF14 光のお父さん』実写化 息子・千葉雄大、お父さん・大杉漣

ゲームブログの『FF14 光のお父さん』実写化 息子・千葉雄大、お父さん・大杉漣

 オンラインゲームのプレイブログ『一撃確殺SS日記』で連載されていた企画日記『光のお父さん』の実写ドラマ化が発表された。

 タイトルは『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』。MBS/TBS系のドラマイズム枠で4月より放送開始され、息子は千葉雄大、お父さんは大杉漣が演じる。

【関連:天野喜孝『流星刀』を擬人化】

 原作『光のお父さん』は60歳を超えるゲーム好きな父と息子の実話を記した記録。息子がある日父に、MMORPGの中でも超大作と言われる『ファイナルファンタジーXIV』を父にすすめたことから物語は動き出す。徐々に作品に熱中する父、そして息子は……自分が息子であることを父に隠して近づき共に冒険をする友となるという、原作で言うところの「壮大な親孝行計画」を記した作品だ。

 ドラマでも原作そのままに『ファイナルファンタジーXIV』が登場。そして日常での父と息子の関係や、ゲーム内での様子が描かれるという。

 なお、本情報解禁をうけ『ファイナルファンタジーXIV』公式Twitterアカウントも紹介ツイートを投稿。「主演に千葉雄大さん、お父さん役は大杉漣さんの超強力タッグが決定しました!今後の続報にご期待ください!」とコメントしている。

・出典:ファイナルファンタジーXIV(@FF_XIV_JP)

(HideI)

関連記事リンク(外部サイト)

吉田沙保里「私を倒そうなんて度胸あるじゃない」 ポケモンCM登場でプレイヤー震撼
クレーンゲームに郵便切手クッション登場 ポストとウサギの2種
『刀剣乱舞』西武池袋本店に期間限定ショップ 三日月宗近や加州清光モデルの一点物「京友禅着物」も展示

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。