体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「ちょい時短! ぶりの生姜焼き」【魚屋のレシピ】

f:id:sakanaya-sandaime:20170119182605j:plain

ぶりで生姜焼き! でもタレには漬け込まずに……

はい! どうも!! 魚屋です!!! 元気いっぱい、張り切ってお魚料理を紹介しますよ~。

本日のレシピは鰤(ぶり)を使った生姜焼き。シンプルだけど、酒の肴にもご飯のおかずにもバッチリ。生姜焼きっていうとタレに漬け込んで焼くイメージだけど、今回はちょい時短でいきまっす! ぶりを生姜焼きのタレに漬け込むのではなく、タレを絡ませる。漬け込む時間を短縮するんですね。とっても簡単ですのでオススメですよ~。

魚屋三代目の「ちょい時短! ぶりの生姜焼き」

【材料】(2人分)

ぶりの切り身 2切れ 塩 少々 小麦粉(薄力粉) 適量 長ネギ(3~5cmにカット) 1/2本 春菊 1/2袋 針生姜(しょうがの千切り) 適量 サラダ油 大さじ2 (A) 醤油 大さじ2 みりん 大さじ1 日本酒 大さじ2 しょうがすりおろし 小さじ1 ニンニクすりおろし 小さじ1/4 コチュジャン 小さじ1/4

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170119182611j:plain f:id:sakanaya-sandaime:20170119182616j:plain

1. ぶりの切り身に塩を少々ふり、10分くらい置いてからキッチンペーパーなどでぶりの表面に浮いた水分をふき取ります。生姜焼きのタレになる(A)はよく混ぜておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170119182619j:plain

2. 春菊をゆでて冷水に取り、水気を絞って食べやすい大きさに切っておきます。1のぶりに小麦粉をふって、熱したフライパンにサラダ油を入れて中火で様子を見ながら長ネギと一緒に焼きます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170119182622j:plain

3. 焼けた長ネギを取り出し、フライパンに残った余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。ぶりが焼き上がる少し前に(A)を加え、ぶりと絡ませます。器に焼けたぶり、長ネギ、春菊のおひたしを盛り付け、フライパンに残ったタレをかけます。

銀ダラやメカジキで作っても美味いっす!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。