体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年アナログレコードの合計売上金額は6億超(税抜)、売上枚数は約14.9万枚で前年比ほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

2016年アナログレコードの合計売上金額は6億超(税抜)、売上枚数は約14.9万枚で前年比ほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

 SoundScan Japanによる「2016年年間オーディオ・ビデオ売上動向」が公開され、アナログレコードの年間売上が6億円を超えたことが分かった。(集計期間:2015年12月28日~2017年1月1日)

 アナログシングル、アナログアルバムの売上金額は共に前年比で100%を超えている。アナログアルバムは約5.7億円、アナログシングルは約6,326万円の金額となり、合計売上金額は約6.3億円で前年比は124.2%となった。2015年はアルバムの規模がシングルの10倍となっていたものの、2016年ではシングルの前年比が48.9ポイントも上昇し、アナログレコードの規模拡大が分かる結果となった。
 
 売上枚数はアナログアルバムの前年比で3.2ポイント下降したが、アナログシングルの前年比では21.3ポイント上昇した。売上枚数の合計は約14.9万枚で1.2ポイント上昇し、前年比のほぼ横ばいではあるが、売上金額が伸びていることからアナログディスクの価値が高まっていることが分かる。音楽ソフト全体の売上から見るとアナログディスクは小規模ではあるものの、デジタルダウンロードをはじめ、ストリーミングや動画サービスでなど音楽の聴き方が多様化する中、アナログディスクが一つの選択肢として拡大していることは特徴的なことと言える。
 
※金額は全て税抜 

関連記事リンク(外部サイト)

映像ソフト2015年売上動向発表 約4265万枚で前年比90%、音楽ジャンルは微増【SoundScan Japan調べ】
オーディオソフト 2015年年間売上金額は約1982億円(税抜)、前年比99.8%とほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】
2015年アナログレコードの合計売上金額は5億超(税抜)、前年比は21.1ポイントアップ 【SoundScan Japan調べ】

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。