体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『プラダを着た悪魔』のミュージカル版、音楽担当はエルトン・ジョン

『プラダを着た悪魔』のミュージカル版、音楽担当はエルトン・ジョン

 大ヒット映画『プラダを着た悪魔』のブロードウェイ・ミュージカル版の作曲と脚本を、【ロックの殿堂】入りも果たしているエルトン・ジョンとアメリカの有名劇作家ポール・ラドニックが担当することが発表された。

 「“プラダを着た悪魔”を舞台化するにあたり、登場人物たちと同じくらい独特なアーティストを見つけなければならないと分かっていました。音楽や出版からドラマやファッションまで、ありとあらゆる分野の作品を発表しているアーティストが必要でした。そしてたった2つの名前、エルトン・ジョンとポール・ラドニックしか思い浮かびませんでした。ただそれだけです!」とプロデューサーのケヴィン・マッカラムとフォックス・ステージ・プロダクションズのボブ・コーエンが連名で声明を出した。

 ローレン・ワイズバーガーによるニューヨーク・タイムズ・ベストセラー小説が原作の映画『プラダを着た悪魔』は、アン・ハサウェイ演じる大学を卒業したばかりでジャーナリスト志望のアンドレアが、メリル・ストリープ演じる有名ファッション誌の鬼編集長のもと、ファッション業界の因習や上司の仕打ちに疑問を感じつつも耐えて成長する物語だ。

 エルトン・ジョンは、「“プラダを着た悪魔”をミュージカル化するために想像し直すのはとてもエキサイティングだ。私は小説と映画両方の大ファンだし、ファッション界の熱烈なファンでもある。このポップ・カルチャーの塊を自分なりのミュージカルに仕立て上げるのが今から楽しみだ」とコメントしている。

関連記事リンク(外部サイト)

エルトン・ジョン バーバリーのオリジナルデザインによる限定LPボックスセット販売スタート
エルトン・ジョンがレディー・ガガの次のアルバムについて語る
総額42億円を寄付したエルトン・ジョン、英国で“最も気前の良いセレブ”に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。