体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマート電動一輪車Solowheel、コンパクト版「Iota」は重さはわずか3.6キロ!

fullsizeoutput_24b2車輪の横についたステップに足を乗せ、体重移動するだけで進むスマート電動一輪車。自転車のように場所をとらず、また歩くよりスピードが速いのでちょっとした移動に便利な乗り物だ。

米国で開発され、クラウドファンディングサイトKickstarterを通じて商品化されたSolowheelがそのブームの火付け役になったが、このほどそのコンパクト版「Iota」が登場した。

・12.8キロ走行可能

オリジナルのSolowheelの大きさは、車輪が大人の膝ほどまでくる。しかし、今回の Iotaはその半分にも満たず、直径17.8センチ。重さも3.6キロと持ち歩ける。

fullsizeoutput_24b4性能はというと、1回のフル充電(約40分)で12.8キロメートルの走行が可能となっている。1000ワットモーターで坂道でもすいすい移動できる。ちなみに、体重上限は133.4キロとなっている。

・セグウェイのハンドルなし版

操作はオリジナルと同様、非常にシンプル。体重移動して行きたい方向に進めたり、停止したりできる。こうした操作は、一世を風靡したセグウェイをイメージしてもらえばわかりやすい。ただし、セグウェイと違って Iotaにはハンドルがないのが特徴だ。

ハンドルなしで乗るのは難しそう、と思う読者もいるかもしれないが、自動平衡機能がついているので転倒しにくいのだとか。実際、デモビデオでは子どもでも楽に乗っている。

fullsizeoutput_24b9・街中の“チョイ乗り”に⁈

気になるお値段はというと、希望小売価格600ドル(約6万9000円)。しかし今ならKickstarterでは395ドル(約4万5000円)~となっている。出資期限は2月23日。

コンパクトになったぶん、さらに持ち運びも簡単になり、街中で“チョイ乗り”する人の姿を見かける機会が増えるのかもしれない。

Solowheel Iota/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2405055/video-728885-h264_high.mp4

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。