体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Googleマップに駐車難易度を表示する新機能を正式リリース、米国25都市で利用可能

先日、Google は Android 用のベータ版 Googleマップ向けに駐車のしやすさを表示する機能をリリースしましたが、本日よりこの機能が公式版でも利用できるようになりました。Google によると、新機能は現在のところ Android 版にしか提供されておらず、WEB サイトや iOS 版には表示されません。また、駐車の難易度表示は、現時点では米国 25 都市の地下鉄駅に駐車できる場所を対象に判定しており、お店や施設などの混在時間帯や滞在時間を表示する機能と同様の方法で駐車の難易度を判定しています。対象都市は、サンフランシスコ、シアトル、マイアミ、アトランタ、ボストン、シャーロット、シカゴ、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス、サンディエゴ、セントルイス、タンパ、ワシントン DC、クリーブランド、ダラス、フォートワース、デンバー、ヒューストン、フェニックス、ポートランド、サクラメントなどの米国の主要都市です。Source : Google

■関連記事
ハコスコ、VR動画の売買サービス「ハコスコフリマ」を開始
BlackBerryの新しいAndroidモデル「BBC100」はデュアルSIMに対応か?
Huawei、Mate 9を使って自撮り写真撮影のギネス記録を大幅更新

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。