体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内外のアーティストから人気の「阿波和紙」魅力や特徴をご紹介

アート界で話題の阿波和紙とは?

阿波和紙とは徳島県で作られる和紙のこと。
1300年もの昔、水が豊富で紙づくりに適したこの土地に、
紙の原料となる木々を植えたことに始まります。
そんな阿波和紙が近年、国内外のアーティストの間で話題になっているとか。
阿波和紙を使った作品作りや、ときには和紙そのものを作りたいと、
たくさんのアーティストが徳島を訪れているそう。
阿波和紙の魅力をさぐるべく、
阿波和紙ブランドの工房、アワガミファクトリーへ見学に行きました。

20151206115358_img_1314

阿波和紙の魅力

阿波和紙は大きさや厚さが豊富。幅が5メートル近いものもありました!
また化学薬品をなるべく使わず丁寧に手作りするため、丈夫で長持ち。
紙の端に繊維が出ている様子や味のある表面の凹凸から、
その一枚を作るためにかけた時間の長さと人の手の温かみを感じます。

20151206114930_img_1306

阿波和紙工房アワガミファクトリーを見学

工房の中は広々していてとてもおしゃれな雰囲気。

20151206115309_img_1313

阿波和紙作り紙すきの行程

阿波和紙の原料となる「こうぞ」や「三椏(みつまた)」、「雁皮(がんぴ)」の内皮の繊維を取り出し、
ネリという粘りのある液体を加えた水の中で溶かします。

20151206105044_img_1178

簀桁(すけた)と呼ばれる道具に汲んでは揺り動かし、好みの厚さになるまで繊維を絡めます。

20151206105506_img_1195

希望の厚さになったら飾りをつけたり、

20151206113657_img_1285 20151206110743_img_1220

色をつけたりして紙を飾ります。

20151206111126_img_1226
1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。