体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「拝むしかない」──。映画『帝一の國』ふんどし太鼓にファン沸き立つ

「拝むしかない」──。映画『帝一の國』ふんどし太鼓にファン沸き立つ

イケメンたちのふんどし姿だ……と……!?

 1月27日の『めざましテレビ』(フジテレビ)にて4月29日から映画が公開される『帝一の國』の“ふんどし太鼓”シーンが放映され、眠気が瞬時に吹き飛んだ人が続出したようです。爽やかな朝から一転、興奮と困惑を投げかけられたファンたちは悶々と業務や学業に専念しつつ「ふんどし」の4文字から逃れられない状況にいるのは想像に難くありません。

【関連:映画『帝一の國』出演者が某トレインポーズ披露】

 これは物語の中でも重要視されている、主人公が通う海帝高校の文化祭「海帝祭」シーンの一幕。凛々しくふんどしを締めた主人公・赤場帝一演じる菅田将暉さんをセンターに据え、ライバル・東郷菊馬役の野村周平さん、氷室ローランド役の間宮祥太朗さんが脇を固めています。さらに、志尊淳さん、鈴木勝大さんなどメインキャラクターを演じるイケメン俳優たちが惜しむことなく、その美ボディ&プリ尻を大衆に晒しながら和太鼓を力強く演奏するのです。

「拝むしかない」──。

 そう感じざる得ない女子の皆さんも多いとは思いますが、写真でしかお伝えできないのが心苦しいほど、動くイケメンたちの艶肌や隆々とした筋肉、悩ましい横顔など大興奮する要素しかないことをご報告したいと思います。

 太鼓を叩くイケメンの色気は、今まで触れたことのない新境地。筆者は原作ファンでもありますが、実写になると男たちの本気に色気がトッピングされ鼻血噴射も辞さない事態になろうとは思いもよりませんでした。ち、ちくしょうっ!

 公開まであと3ヶ月。続々と報じられる新たなシーンを見るたびに毎度心臓が止まりそうになりますが……走り続けたい、興奮させられ続けたい!! そう感じさせてくれる『帝一の國』の底知れぬ威力に圧倒され続けていきましょう!!

・出典:映画『帝一の國』公式サイト

(大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

綾野剛がウルトラスーパーキュートな笑顔で「ししゃも」連呼する新CM開始
「高橋一生に道を聞きたい」女子続出
ピコ太郎、初の日本武道館ライブ決定!ファミリー席用意し子連れOK!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。