体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『1月27日はなんの日?』モーツァルト生誕261年、2016年全米でもっともCDを売ったことでも話題に

『1月27日はなんの日?』モーツァルト生誕261年、2016年全米でもっともCDを売ったことでも話題に

 1月27日はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの誕生日。古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠のひとりであるモーツァルトは1756年1月27日ザルツブルク生まれ、今年で生誕261年を迎える。

 昨年は生誕260年、没後255年のアニバーサリーイヤーということで、さまざまなモーツァルト関連作品がリリースされているが、なかでも話題となったのが200枚組CD『モーツァルト新大全集(Mozart 225)』。モーツァルトの全作品が収録されているという豪華すぎるボックス・セットは、なんとドレイクやリアーナ、デヴィッド・ボウイを抜き、発売から5週間で125万枚のセールスを記録。昨年末、全米ビルボードによって「2016年に全米で最もCDを売ったのはモーツァルトだった」という発表がおこなわれると、そのニュースは驚きとともに世界中を駆け巡った。

 ちなみに、日本国内では右脳開発トレーナーの児玉光雄監修のコンピレーションアルバム『0歳からの育脳クラシック』が2016年のビルボード・ジャパン年間クラシックチャートを制しており、こちらの作品にはもちろんモーツァルトの楽曲も収録されている。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード年間クラシック】1位は『0歳からの育脳クラシック』、小澤征爾オペラ録音部門グラミー受賞作品が第3位
モーツァルト没後225年記念200枚組ボックス・セットが2016年の意外な記録を達成
石田衣良 モーツァルトの魅力を語る新書発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。