体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“次世代ポップクイーン”ザラ・ラーソン、2017年第1弾シングル「ソー・グッド」配信スタート

“次世代ポップクイーン”ザラ・ラーソン、2017年第1弾シングル「ソー・グッド」配信スタート

 “次世代を担うポップクイーン”との呼び声が高い、スウェーデン出身、弱冠19歳のザラ・ラーソンが2017年1月27日に、新曲「ソー・グッド feat. タイ・ダラー・サイン」をリリースした。

 本曲は、フィフス・ハーモニーの大ヒット曲「ワーク・フロム・ホーム」のフィーチャーが記憶に新しいタイ・ダラー・サインと、チャーリー・プースや、ジェイコブ・カッシャー、ダニー・スコフィールド、ランチマネー・ルイスら有名ソングライター達によって制作され、さらにチャーリーがプロデュースを手掛けている。

 2015年以降、「ラッシュ・ライフ」や「ネヴァー・フォゲット・ユー feat. MNEK」、「エイント・マイ・フォールト」などのヒットソングを連発しているザラは、音楽ストリーミング・サービスSpotifyで“最も再生されたスウェーデン女性”と認定された2017年期待のアーティスト。現在デビュー・フルアルバムを制作中の彼女は「今回のアルバムにはいろんなジャンルの音楽が詰まった作品になっているから、本当にリリースするのが楽しみなの。どんな人でも必ず1曲は自分好みの曲が見つかることを信じてるし、このアルバムはみんなに向けたものなの。本当に私はいろんなジャンルの音楽が好きだから、なるべくR&Bだけとか、バラードだけとか、超ポップだけとかって偏った作品にはならないように色んな音楽をミックスしたつもりなの」と多種多様なサウンドに仕上がることを公言している。

 【NMEアワード2017】の「最優秀新人賞」部門や【iHeartRadioミュージック・アワード2017】の「ベスト・カヴァー・ソング」部門にもノミネートされているザラ・ラーソンの今後の活躍に注目だ。

◎リリース情報
シングル「ソー・グッド feat. タイ・ダラー・サイン」
2017/1/27 RELEASE
配信中

関連記事リンク(外部サイト)

メジャー・レイザー、ニッキー・ミナージュ&パーティーネクストドア参加の新曲をドロップ
カミラ・カベロとカシミア・キャットのコラボがネットに流出
ゼイン&テイラーによるコラボ・トラックのMV、ティーザー映像が公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。