体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Awesome City Club 曲作りは「コンペ式」

Awesome City Club 曲作りは「コンペ式」
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。酉年にちなみ、今年間違いなく羽ばたく「2017年さらなるブレイクが期待されるアーティスト大集合!」と題して、日替わりでゲストを迎える最終日、1月26日(木)のオンエアでは、「Awesome City Club」から、atagiさん(Vo/Gt)とPORINさん(Vo/Syn)をお迎えしました。

2013年春、それぞれ別のバンドで活動していたメンバーが集まり、結成されたAwesome City Club。今のサウンドと少し懐かしいサウンドがミックスされた「2010年代のシティ・ポップ」として注目が集まる中、2015年にメジャーデビュー、1月25日に4枚目のアルバム「Awesome City Tracks 4」をリリースしました。その最新アルバムを「てんこ盛りでカラフルで楽しい。最高!」とべた褒めの亀田 。

男女ボーカルという特徴的なバンドの曲作りの方法については「曲とメロディ、コードなどが先にできて、歌詞は後。曲をメンバー全員で持ち帰り歌詞を書く」(atagiさん)、「コンペ式」(PORINさん)とのこと。どれにするかはみんなで決める「民主的ながら、メンバーみんながライバル」とうユニークな手法は、その分、時間もかかり大変な部分も多いのだとか。なお、サウンドはatagiさんが中心となって手がけ、ギターのモリシーさんがアレンジを行うそうです。

atagiさんは「それぞれ聴いてきた音楽も違っていて、クセもある。広く浅くというタイプじゃない不器用な人の集まり。得意なことしかできないので、それがいい意味で反映されているかもしれません」とバンドのことを語っていました。

番組では最新アルバムから「今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる」をオンエア。この曲は「最近、“デュエットソング”ってないな」という雑談の中で生まれた曲。従来の男女の関係が芽生えいくデュエット曲のイメージを塗り替えるような気持ちで作ったそうです。

2017年の目標を「初のアコースティック・ワンマンツアーがあるので、まずはこれを楽しみにしています」と語るように、2月には「Awesome Talks Acoustic Show」と題されたライブも決定しているAwesome City Club。その他にもアルバムを引っさげたワンマンライブもあり、今後も要注目です!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」

放送日時:月・火・水・木曜 13時25分−13時35分

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。