体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GReeeeN、応募エピソードからショートムービー『「遥か」帰省、母の車篇』公開

GReeeeN、応募エピソードからショートムービー『「遥か」帰省、母の車篇』公開

1月24日にデビュー10周年を迎え、初のシングルコレクション「ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜」をリリースしたGReeeeN。10周年を記念して「僕と、私と、GReeeeNと。」と題し、特設サイトにてGReeeeNの楽曲にまつわるエピソードを募集したが、ここから選ばれたエピソードを基にして制作された「遥か」のショートムービーが公開された。

この企画に集まった投稿はなんと約3,000件。GReeeeNの楽曲を聴いて受験に臨んだ思い出、今はもう逢えない大切な人との思い出、甘酸っぱい初恋の思い出など、多くの方の思い出にGReeeeNの楽曲が寄り添っていることを感じられるものとなった。

そして投稿されたエピソードを基に、GReeeeNの大ヒット曲「遥か」のショートムービー『「遥か」帰省、母の車篇』を制作。この作品は故郷を旅立ち、今は東京でサラリーマンをしている男性からの投稿を基に作られた。

ショートムービーでは、この男性が久しぶりに故郷に帰る日のとある1日の風景を切り取っている。実家を出るときにカーステレオから流れてきた「遥か」。今は遠く離れた東京で頑張る息子と、故郷から見守る母、その2人をつなぐテーマソングとなっている。

投稿されたエピソード(原文ママ)
岐阜県で生まれ育ち、高校卒業までを岐阜で過ごしました。はじめて家を出たのは大学進学のときです。
家を離れる朝、母の車で聞いた曲がGReeeeNの「遥か」でした。その時の心情が歌詞と重なって、感動したのを覚えています。GReeeeNを好きになったきっかけは両親のおかげです。高校生のとき吹奏楽に所属していました。
高校生活は部活ばかりやっていた思い出です。そんなある日 母:「あんた吹奏楽ならiPod買ったろか?」 僕:「欲しい。」そんなきっかけでiPodを買ってもらい、曲は父に入れてもらいました。父は最近流行りのJ-POPをCDやMDに焼いて、車で聞いていたので、ついでに曲を入れてもらいました。記念すべきはじめての曲がGReeeeNの「さしぶ」で、擦りきれるほど聞きました。
その後、父はいろんなアーティストのいろんな曲を入れてくれましたが、GReeeeNが一番好きになりました。高校3年になり、卒業後の進路を考える時期になりました。将来のことなんて何も考えていませんでしたが、兄が独り暮らしをしていたので、憧れがありました。
家を出たいと話すと、母は反対しました。なんとなく憧れていただけだったので、地元の大学に進学しようと思い直しました。けど、兄と同じ石川県ならいいよと言ってくれました。そんな優しさに包まれ、石川の大学に合格し、岐阜を離れることになりました。
家を離れる朝、母の車で聞いた「遥か」。両親の想いや「必ず帰るから」という歌詞にグッときました。そして現在。大学卒業後、地元に帰るつもりでしたが、東京の新宿でサラリーマンをやっています。今はまだ旅の途中という感じです。必ず帰るから。

「ALL SINGLeeeeS 〜& New Beginning〜」特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/greeeen/allsingleeees/

「遥か」帰省、母の車篇

関連リンク

GReeeeN オフィシャルサイトhttp://greeeen.co.jp
GReeeeN オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/GReeeeNofficial

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。