体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXO、32万人を動員した全国ツアーから東京ドーム公演をWOWOWで1/29独占放送

EXO、32万人を動員した全国ツアーから東京ドーム公演をWOWOWで1/29独占放送

EXOが、昨年に3回目となる日本ツアー「EXO PLANET #3 – The EXO’rDIUM in JAPAN」を敢行し、約32万人を動員。本ツアーより、12月1日に行なわれた東京ドーム公演の模様を1月29日にWOWOWで独占放送する。

今回、2年連続で東京ドーム公演を実現したEXO。高度なダンススキルと歌唱力を併せ持つEXOのステージは、多彩かつ迫力満点。オープニングから、「MAMA」「Monster」「Wolf」、そして日本デビューシングル「Love Me Right 〜romantic universe〜」といったキラーチューンを次々に繰り出し、独創的なフォーメーションを武器にしたダンスパフォーマンスで会場の熱気を一気に引き上げる。

一転して、「One and Only」では洗練されたミディアムチューンで大人っぽさを増した表情を見せ、白シャツを着たLAY、KAI、SEHUNが水に濡れながら妖艶なダンスを披露。「Stronger」では、SUHO、BAEKHYUN、CHEN、D.O.の4人が美しいスロウバラードを聴かせる。

巨大な空間を鮮やかに彩る照明やレーザー、炎、そしてステージ上に降らせた雨など、スケール感のある演出が個々の楽曲をより際立たせる。EXOがメインステージから花道、ムービングステージなど縦横無尽に会場内を動き回る度に、オーディエンスは大歓声を上げる。それに応えるように、パワフルなダンスや重層的なハーモニーで満員の客席を魅了し、一体感が高まっていく。

クライマックスに向けての展開も熱狂の連続だ。「Overdose」「TRANSFORMER」「LIGHTSABER」では、キレのあるダンスを見せ、息つく間もないほどの迫力で観客を圧倒。さらに、昨年12月7日にリリースされた日本第2弾シングル「Coming Over」では、ファンキーなサウンドでイントロから観客のテンションを最高潮に引き上げる。ドラマチックかつ盛りだくさんのステージで、絶大なる存在感を見せつけたライブとなった。

「これからもベストを尽くすアーティストでいたい」「またこのステージに戻ってきたい」と今後の活動にさらなる意欲を見せたEXO。番組では、ライブパフォーマンスに加えて、WOWOWでしか観られない独占ドキュメンタリー映像も放送する。

番組情報
「EXO PLANET #3 – The EXO’rDIUM in JAPAN」
1月29日(日)19:00〜[WOWOWプライム]
収録日:2016年12月1日
収録場所:東京ドーム
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/exo/

関連リンク

WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。