体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オジ旅」は新しい“中年グルメ旅行”のスタイルだ!【2017年のキーワードになる?】

f:id:Meshi2_IB:20161225215656j:plain

「オジ旅」というウェブサイトをご存じだろうか。

オジサンたちの旅だから「オジ旅」。

その中身はというと、押しも押されぬ中年のオジサンたちが安旅をしながら、現地で酒を飲むという、ホントにただそれだけ……。

考えてみれば、昭和の中年男たちの旅スタイルの定番は「飲む打つ買う」だった。対して、こちらの「オジ旅」は「飲む、(サイト更新のためにキーボードを)打つ、(平日から遊んでいるという点でひんしゅくを)買う」。

世に旅行や酒場めぐりブログはたくさんあれど、ありそうで意外になかったのがこのスタイルかもしれない。

それどころか最近はPRの仕事まで請け負っちゃって「仕事」にすらなっているというから、世間もその存在自体を認めてきつつあるのだ。

この中年男たちはいったいナニモノなのか。

「オジ旅」の魅力や、目指すものは?

いろいろ聞きたくなってインタビューにしてみることに。

中心メンバーのムーシャリョータ氏(以降ムーシャ)、知らないおじさん(以降、おじさん)、登呂山拓哉氏(登呂山)氏にあれこれ聞いてみた。もちろん、飲みながら。

「オジ旅」とは何なのか

──お三方は普段どういうお仕事をされているんでしょうか。

僕はフリーランスのライターとしてWEB媒体や紙媒体で書いています。(ムーシャ)

小さな会社の経営者をしています。(おじさん)

私は主にブログを書いて生活しています。(登呂山)

f:id:Meshi2_IB:20161225220303j:plain

▲「オジ旅」主要メンバー。左から、知らないおじさん、ムーシャリョータ氏、登呂山氏。決して塀の中の人たちじゃありません

──やはり時間が比較的自由に使える人たちばっかりなんですね。そもそも「オジ旅」はどうやって始まったんでしょうか。

東京北区の十条に「埼玉屋」っていう有名な焼きとん屋さんがあって、そこで2年前に初めて僕とおじさんが知り合って。そのときに登呂山さんもいたんですけど「いまLCCがすっごく安いから今度、四国の高松へうまいもん食いに行く」みたいな話で盛り上がって、じゃあ僕もってことで一緒に行ったんですよ。それが「オジ旅」のはじまりですね。(ムーシャ)

──やっぱり実際の旅から始まった、と。

でも、旅先でひどい目に遭っちゃったんです。高松の飲み屋さんで知り合った地元のオジサンに気に入られちゃったのか「いいお店があるから飲み行こうよ」って言われて、オネーサンのいるお店に連れて行ってもらって。そういう場合って普通、誘った方がおごるかなって思うじゃないですか。そしたらきっちりワリカンにされて。さらにほかのお店にも連れて行かれ、誘った人は先に帰っちゃって、知らない夜の街に放り出されることになって。(おじさん)

f:id:Meshi2_IB:20161225220551j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。