体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」

旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」

個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。

「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状況ならまだマシ。最悪なかけ算は、初めての場所×スーツケースだ。片手で荷物を持ちつつ、もう一方の手でスマホを使って位置情報を検索なんて、考えただけでも息苦しい。こんな時に雨が降ろうものなら、いったい何で傘をさせというのだろう。

さて、「やっぱり手ぶらって最高だよね」ということを再確認したところで、こんなサービスの紹介を。

「荷物のない世界」を目指して

旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」 ecbo cloak(エクボクローク)は、「荷物を預けたい人」と「荷物を預かるスペースを持つお店(カフェやショップなど)」とをつなぐシェアリングサービス。預けたい場所を検索し、オンライン予約。荷物を預けて、受取り時に決済というシンプルな流れだ。旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」

「コインロッカーでいいじゃないか」、なんて声が聞こえてきそうだが、どこにあるか、空いているかがわからないうえ、ようやく見つけたのに大型荷物が入らないというケースだってあり得る。

しかし、ecbo cloakなら、どの店に預けられるかがリアルタイムで確認可能。目的地までのルートを最短距離で教えてくれ、もちろん大型荷物でも預けられる。さらには、その土地で生きる人ならではの情報が手に入ったりも?

徐々に対象エリアを拡大!

旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」 手荷物なら300円/日、スーツケースなら600円/日とお手頃プライス。両者は、最大辺が45cm以内に収まるか否かで分類されるそう。旅行の荷物は、近くのカフェに預けよう。手ぶら観光のためのサービス「ecbo cloak」

現時点では、渋谷と浅草が対象エリア。2017年内に都内全域、そして京都・大阪へとサービスを拡大する予定だとか。Licensed material used with permission by ecbo株式会社,サービスページ,Twitter (サービス),Twitter (コーポレート),Facebook(サービス),Facebook (コーポレート)

関連記事リンク(外部サイト)

まるでジェットコースター!空港で預けた「旅行カバン」の舞台裏(動画あり)
トラベルライターがおすすめ。小さいけど意外に役立つ「旅行のヒント」45選
旅行にマンネリしたら、計画ごと「丸投げ」しちゃえ!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。