体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LG G6はバッテリーの交換が不可、Googleアシスタントが統合される(更新:新画像追加)

MWC 2017 イベントの開催まで残り 1 ヶ月に迫る中、LG の次期フラッグシップスマートフォン「G6」の新たな情報を CNET が伝えていました。G6 に関しては、まだ確からしい情報は明らかになっていませんが、G5 のモジュラーデザインを不採用とし、Snapdragon 835 ではなく、Snapdragon 821 を採用。さらに、防水にも対応するという話が噂として伝えられています。今回の CNET の記事によると、LG が G6 でまず達成しようとしたのは Galaxy S8 よりも先に出すことです。Snapdragon 835 を採用する場合は 4 月まで待たなければならず、これでは Galaxy S8 よりも先には出せません。そのため、Snapdragon 821 を採用することに決まった模様です。LG スマートフォンの最大の特徴と言えば、バッテリーを交換できる筐体設計です。しかし、G6 は Galaxy S7 や iPhone のような一体型構造の筐体設計を採用したため、バッテリーを交換することはできないとされています。この変更は、防水に対応させるためには必要なことで、それと同時に、モジュラーデザインを不採用にしたという噂を裏付けるものになります。最後は Google アシスタントの統合です。同サイトによると、G6 は Google Pixel を除いて最初に Google アシスタントが利用できる機種になるとのこと。更新:LG G6 の新たなレンダリング画像が韓国で流出しました。Source : CNETUnder KG

■関連記事
DMM mobile、5分以内の国内通話がかけ放題になる新オプションを2月23日より「DMMトーク」内で提供
NTTドコモ、「Xperia A4」「Xperia Z3」「Xperia Z3 Compact」の不具合修正アップデートを配信開始
NVIDIA SHIELD TV(2015)はAndroid 7.0アップデートでマルチアカウントに対応

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。