体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うちの子の乳児湿疹、異常かも…? 第一子で箱入り息子すぎて、受診が遅れて悪化!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての出産。

里帰りし、家族の手伝いがあったため、想像していたよりも手のかからない息子に、幸せ炸裂中でした。

2週間したある日、顔にプチプチと湿疹が。

慌ててネットで調べたら、乳児湿疹というもので、新生児にはよくあるとのこと。

通院しても、しなくても自然に治るから気にしなくても良いとのことでした。

初出産で、初孫の息子。

真夏だったので、外気にも当てず、本当に大事に大事に「箱入り息子」として2週間育てていました。

生後2週間のこんな小さな息子を病院まで連れて行くなんて、変な病気をもらったら困る、何よりも暑い外気に当てたくない!と、通院せずにしばらく様子を見ることにしました。

どんどん吹き出物が悪化していく息子。

それでも、「どうせすぐに治るんだから、記念に♪」と写真撮影する位、余裕でした。

そして1か月検診に息子を連れて行ったときに、同時期に出産した赤ちゃんを見て、愕然としました。

うちの子の湿疹、異常かも…。

ママたちに話を聞くと、みんな乳児湿疹で産院に通院し、薬をもらったとのこと。

息子を検診した先生には「なんでこんなになるまで放っておいたの!」と怒られる始末。

「かゆくて機嫌が悪くなってたんじゃない?」とも言われ、塗り薬を処方されました。 関連記事:「赤ちゃんはわからないから」という医師の言葉を鵜呑みにしていて反省。成長によって対処方法が変わる乳児湿疹

塗り薬を使用すると、寝ぐずりがなくなりました。

湿疹ができてから、だんだん「ぐずり」がひどくなりましたが、初出産の私は、「赤ちゃんってこんな感じなんだ」と思っていました。

後から思えば、湿疹のせいでぐずっていたのだと思いますが、初孫フィーバーの両親も感覚がマヒしていたようで、誰も気づいてあげられませんでした。

1か月検診で薬を処方され、1本塗りきっても、湿疹が治らなかった息子。

息子の湿疹が完治したのは、まさかの生後5か月でした。

3か月検診の時には、うちの息子以外に湿疹のある子がおらず、本当に申し訳ない気持ちになりました。

現在8歳の息子の頬には、とても小さいのですが、クレーター痕があります。もっと早くに通院していれば…と後悔しています。

その後、2人出産しましたが、乳児湿疹ができ、悪化したのは長男だけでした。

なので、あんなに悪化するのはまれなことなのかもしれません。

それでも、たかが乳児湿疹だと思わずに、病院に相談することをお勧めします。 関連記事:ポイントは「次はいつ来てください」の言葉。肌トラブルには信頼できるかかりつけ医を!

著者:マイティ

2016年、高齢出産で、3人目の子供を出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

おしりがかぶれて大泣きのオムツ交換。うんちのたびにお風呂でシャワーが一番です!
いっこうに改善しない赤ちゃんの肌トラブル。原因は私が食べていた◯◯だった!
乳児湿疹が出来てから治るまで

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。