体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「女の子とデートに行くのに一番使えるアイテムだと思うんですよ」

今回お話を伺ったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「マンマーレ」の松口さん。芸能界一の肉好きである寺門ジモンをも凌ぐ焼肉への愛とは………!?焼肉芸人が語るオススメの食べ方は一読の価値ありです!

SONY DSC

―――今回は焼肉のお話を伺います。山口さんは「焼肉が好き好き過ぎて、焼肉屋のバイトを4件掛け持ちしている」とお聞きしました。

 

あの、バイト先が全部焼肉屋なんです。新宿に2店舗、神田に1店舗、六本木1店舗で4つの焼肉屋でバイトしてまして………

 

―――店ごとに違いがある?
 

そうですね、ランキングというか、肉のランク付けで言うと、六本木(のお店)が一番良いお肉を使っていて、次が新宿、神田っていう順番ですね。と言っても、あくまでも数字の上なので、どの店も美味しいお肉を出してます。

 

―――肉質ということですよね。食べる時も、そこにこだわる?
 

使ってるお肉だとか、部位だとか、取り扱ってるお店だとか、気分に応じていろいろと使い分けたりしますね。

 

今のバイト先は、初めは普通に客として行って「ああ、美味しかったなあ」と思った時に、ふと、「この店でバイトしたら、まかないで肉も食えるし、安くなったりするんじゃないか」と閃いて、しばらくそこで働いて。それから社長さんと知り合って、「ウチで働けよ」みたいになって、今の六本木のお店で働かせて頂いているんです。

 

その社長とかに媚びて、別の焼肉屋に連れて行ってもらったりとかもしてて(笑)それでドンドン焼肉に詳しくなっていったんです。もしもジモンさん(寺門ジモン:芸能界一の肉通として知られている)が亡くなったら僕に任せろ!っていう感じで。

 

―――ジモンさんは焼肉というか肉全般ですもんね。
 

牛を1頭まるごと買って、部位を訳して食べたりとかしてるじゃないですか?
僕もそのぐらいやりたいなと思うんですけど、なんせお金がないので………

 

―――1頭は中々買えないですよね
 

まあそれで、色々な場所へ行って食べたりとか、どこの部位が美味しいだとかに詳しくなると、「焼肉」って、女の子とデートに行くのに一番使えるアイテムだと思うんですよ。「食事でも行く?」ってなって「焼肉行こうか」って誘ったら、嫌がる子は少ないじゃないですか?もしも「油っこいのが嫌だ」って言ったら、赤身のお肉とか、油身の少ないお肉とかも色々とお勧めすることが出来るので「これいいよ」とか言ってあげたりね。あと「焼き加減がどうだ」とか通ぶって格好つけれるっていうのもあって、「焼肉っていいじゃないか」って思いますよね。

 

テレビとかも(焼肉に関することで)引っかかったりとかもあったんで、今後、どんどんと伸ばしていきたいんです。

 

―――「焼肉芸人」ということですね?
 

はい。何かあれば僕を呼んでください(笑)

あと、焼肉って、カロチニンっていう成分が含まれていて、これは科学的に、医学的に証明されてる話なんですけど、皮膚にすごい熱を帯びるようになって、感度が高められるらしいんですよ。赤身の肉を食べると、感度が増すんです。だから、デートをして、晩御飯に焼肉を食べて、朝ホテル行ったら、良い感じの夜を過ごせますよ、みたい効果もある。

 

―――科学的な裏付けがあるんですね、焼肉の部位への。
 

しっかりあるんです。

しかもそれは鶏とか豚とかでなくて、牛限定で、牛だけにその成分が含まれてて、それを食べることによって感度が良くなる。

 

―――感度が良くなる。推しますね(笑)
 

そうなんです。是非試してみて下さい。

1 2次のページ
オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。