体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年も花粉の季節がやってきた オススメ花粉対策グッズをご紹介!

今年も「花粉」の季節がやってきました。日本気象協会は先日、2017年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散が例年並みの2月上旬から始まるとの予測を発表。鼻水、くしゃみ、目の痒み、肌の痒みなど、花粉症の人にとって辛い日々が始まろうとしています。
画像①
そんな中、日本気象協会による花粉予想の発表に伴い、各企業が様々な花粉に関する調査を行っています。
例えば、メガネ・アイウエアブランドの「JINS」が実施した『子どものアレルギーと花粉の実態調査』では、アレルギー疾患に悩む小・中学生の子どもを持つ親に、自身の子どもが持っているアレルギー症状を聞いたところ、小学生低学年(1~2年生)男子を除く全学年で、「花粉症」が52.6%でアレルギー症状のトップという結果となり、大人だけでなく子どもまでもが花粉に悩まされていることが判明。
画像②
また、資生堂「dプログラム」が実施した『女性の“花粉の時期あるある”に関する調査』では、花粉に悩む働く女性の96.1%が、花粉の時期、化粧に悩む/化粧をすることを憂鬱に思うと回答し、具体的な理由を聞いたところ、『鼻を頻繁にかむので、口もとや鼻付近のメークがすぐ崩れてしまう(80.8%)』など、花粉に悩む女性の多くが鼻水や目のかゆみだけでなく、花粉による肌あれにも悩んでいることが判明しています。
画像③
このように、老若男女が花粉に悩まされていることが各調査でも浮き彫りになる中、今回は少しでも皆さんに春を安らかに過ごしていただくために、オススメ花粉対策グッズをご紹介します。

◆「JINS 花粉CUT JUNIOR」花粉カット率最大98%、PM2.5カット率最大98%の11~15歳を対象にした花粉対策メガネ。これで元気に外で遊ぶ子どもも花粉による目の痒みを抑えられそうですね。
画像④
「JINS」公式サイト
https://www.jins.com/jp/

◆「d プログラム アレルバリア エッセンス BB」花粉・ちり・ほこりなどの空気中の気になる微粒子汚れや乾燥からデリケートな肌を守りながら育む、敏感肌用の日中用保護美容液・化粧下地。花粉に悩む大人の女性にオススメです。
画像⑤

「d プログラム」公式サイトhttp://shiseido.jp/2j8yZIW
◆「AOKI 花粉対策コート」“室内に花粉を持ち込まない”ことをコンセプトに、特殊な生地加工による“花粉が付着しにくく落ちやすいコート”となっており、付着した花粉の90%以上を落とす効果があることが実証されています。これで毎日の通勤も安心ですね。
画像⑥

「AOKI」公式サイトhttps://www.aoki-style.com/

いかがでしたでしょうか。
これから本格的な花粉シーズンに突入しますが、花粉対策グッズを上手に活用し、辛いシーズンを乗り越えましょう。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【エジプト最新レポ】 エジプトの街中でSIMカードを買ってネット接続まで
【欧州旅紀行】 フランスとイタリアの国境 Ventimiglia が「危険」
カメルーンで受け継がれるニシキヘビ漁がやばすぎワロタ

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。