体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“さくら”のスイーツパイとラテで、ひと足早くお花見気分


まだまだ寒い日が続く中、時おりこぼれる日差しに春が待ち遠しくなる季節。“さくら”を使ったパイとドリンクで、一足先にお花見気分はいかが?


オーストラリア発祥のパイ専門店『パイフェイス』にて2月1日(水)より発売されているスイーツパイは、さくら餡とクリームチーズで作ったさくらクリームに、きな粉をまぶしたわらびもちを合わせた「『もちもち桜わらび餅』<スイーツパイ>」320円(税抜)と、さくらクリームとダイス型のチョコをまぜてチョコスポンジにのせてパイで包んだ「『さくさく桜チョコ』<スイーツパイ>」320円(税抜)の2種類。


“さくら”スイーツパイはどちらも日本でしか食べられないオリジナルメニューで、パイの“口”が桜の花びらや花の形に描かれているのも面白い。


桜をイメージした「ふんわり桜ラテ(ホット・アイス)」390円(税込)は、春にぴったりなピンク色のラテ。乾燥させたさくらの花びらを“さくらフレーク”にしてトッピングしてあり、ミルクの中にもさくらが香る一品。

“さくら”スイーツパイと“さくら”ラテを一緒に楽しめば、もう春はすぐそこ。『パイフェイス』で日本の春を楽しみつくそう!

■『パイフェイス』渋谷モディショップ
住所:東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 1階

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。