体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水曜日のカンパネラ「一休さん」のMV裏話

水曜日のカンパネラ「一休さん」のMV裏話
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。1月25日(水)のオンエアでは、コムアイの好きな曲の話や、新曲「一休さん」のミュージックビデオに関する裏話が飛び出しました。

まずはリスナーから届いた「水曜日のカンパネラの中で、お気に入りの曲はなんですか?」という質問に答えました。コムアイは新しいアルバム「SUPERMAN」の中なら、「世阿弥」がおすすめだそうです。

「緊張感があって、ピリピリしていて、水曜日のカンパネラの曲としては珍しいと思います。やっぱり『これは作ったことがない』という新しいものができると、それがそのときのお気に入りの曲になるかな」とのこと。今後は、もう少しサイケデリックなものも作りたくて、もっと声で遊びたいと語っていました。

さらに、番組では新曲「一休さん」をオンエアしましたが、こちらのミュージックビデオにまつわる裏話になりました。

「ミュージックビデオは、前に『ラー』のミュージックビデオを作ってくれた、児玉裕一監督が撮影しました。5秒に一度は胸キュン、10秒に一度は爆笑という感じで忙しいミュージックビデオです。実は『アラジン』の振り付けを担当した川村美紀子さんが後方にいたり、『チュパカブラ』のミュージックビデオで出演していたトラックの運転手役の人や友達役の人たちにも来てもらいました。同窓会のような状態で、中には18年ぶりに再会したっていう人たちもいました(笑)」

撮影は明け方までかかり、コムアイがソロで登場する部分の撮影が終わるころには、みんなは寝ているかと思いきや、なぜか楽屋は大盛り上がりだったとか。コムアイは「カオスでした」と語っていました(笑)。よく見ると、ミュージックビデオには、ジャッキー・チェン風、フレディー・マーキュリー風の人も映っていて、非常に楽しい作品になっているので、要チェックです。

また、「SPARK BOX」のコーナーでは、アプリを使って作ったゲーム用の音楽の作品を紹介しました。水曜日のカンパネラのトラックメイカー、ケンモチヒデフミが「非常にメロディーが良い!」と褒めていました。さらに、ゲーム音楽の制作に参考になるアドバイスもあり、聴き応えのある60分でした♪

そしてこの日は、「SPARK」の直前までオンエアしている番組「SONAR MUSIC」(23時30分―25時)にも乱入してきていたコムアイ(笑)。J-WAVE NEWSではその様子も公開しています…。
水曜日のカンパネラ、Licaxxxに苦情でまさかの展開(2017年1月25日放送)

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時ー26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。