体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浮世絵は江戸時代の「週刊誌」だった!?

浮世絵は江戸時代の「週刊誌」だった!?
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。1月26日(木)のオンエアでは、デジタルアートを駆使した「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」に注目しました。

この展覧会は、高精細デジタルデータ化した浮世絵を動かしたり、巨大化して立体空間と組み合わせたりすることで、浮世絵の中に紛れ込んだような世界を味わえる展覧会です。キャッチコピーも「べらぼうに、エモい。」と、ユニークです。

「浮世絵は繊細な線で描かれていて、高精細デジタルデータ化した浮世絵を拡大すると、細かい線や色使いも見えてきます。もともと、浮世絵は大衆のエンターテインメントだったので、デジタルにすることで広く皆さんに見ていただければと思います」(アソビシステム・畔柳涼吏さん、以下同)

展覧会では、およそ22メートルの大きさに表現した浮世絵も展示されるそうです。葛飾北斎の「富嶽三十六景」に描かれている大波も動き、不思議な感覚が体験できるとか。さらに、浮世絵の細かいところに注目することによって、当時の社会情勢や、文化的な背景も見えてくるそうです。

「今回の展覧会では展示されていませんが、吉原の遊郭の一室が描かれている絵に手ぬぐいが描かれていて。その柄から、女遊びに来ていた歌舞伎役者の名前が分かったりします。浮世絵は現代の週刊誌のような感じだったので、当時の秘密まで知ることができるんです」

…と、意外なことも分かり、サッシャも関心を寄せていました。そのほか、歌川広重や葛飾北斎、歌川国芳の名作を使った、ここでしか見られないコラボ作品も展示されるそうです。

そして展覧会の浮世絵のガイドを務めるのは、片岡愛之助さん。江戸時代に出版された旅行用のガイド本「旅行用心集」の著者、八隅蘆菴(やすみ・ろあん)の役で登場します。江戸の町を一日かけてまわるツアーのような企画が楽しめるそうです。「スーパー浮世絵 江戸の秘密展」は1月28日(土)から5月21日(日)まで、日本橋茅場町の特設会場で開催されます。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEAT PLANET」
放送日時:月・火・水・木曜 11時30分−14時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。