体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

将来の夢は変わるもの? 子供の頃の夢と高校生の今の夢を徹底比較

将来の夢は変わるもの? 子供の頃の夢と高校生の今の夢を徹底比較

文理選択や大学選びなど、高校生になると進路選択を迫られる機会が増えるもの。

 

自分の将来を真剣に考えてみると、子どもの頃の夢とはかなり変わっていることに気づく人も多いのでは?

 

そこで今回は、全国の高校生256人に「小学生のころの夢と今の夢」についてアンケート調査を実施!

 

まず、「小学生のころの夢と今の夢は変わっていますか?」と聞いてみたところ、87%が「変わった」と回答!

 

では、具体的にどう変わったのかを男女別に発表!

 

男子編

 

男子の「小学生のころの夢」と「今の夢」のトップ3は、以下の結果に!

 

【小学生のころの夢】

 

1位 サッカー選手

2位 プロ野球選手、電車の運転士

3位 警察官、パイロット

 

【今の夢】

 

1位 公務員

2位 パイロット

3位 ゲームクリエイター、エンジニア

 

小学生のころは、サッカー選手や野球選手にあこがれる男子が多かったのに対し、【今の夢】ではスポーツ選手はランク外

 

・「所属していたサッカーチームの中で一番うまかったからプロを目指してたけど、もっと上手な人がいっぱいいた」(高2男子・福井)

 

・「プロ野球選手を目指してたけど、全国には自分より上がいてあきらめた」(高1男子・奈良)

 

中学や高校でさまざまなチームと対戦するうちに、全国レベルでの自分の実力を実感してあきらめたという人が多かった。

 

将来の夢は変わるもの? 子供のころの夢と高校生の今の夢を徹底比較

 

また、

 

・「サッカーが好きだから、プロになって楽しみながら仕事をしたいと思ったけど、サッカー人生は短いしプロになれるのはほんの一部で、収入が安定しないと知った」(高2男子・愛知)

 

と、収入面での不安を挙げる人も。

 

そんな男子高生の【今の夢】を見てみると、1位は「公務員」! 理由は、

 

・「収入が安定しているから」(高3男子・鹿児島)

 

という現実的な意見がほとんどだった。

 

将来の夢は変わるもの? 子供のころの夢と高校生の今の夢を徹底比較

 

狭き門だけど成功すれば一発当てられるスポーツ選手より、堅実で安定している公務員の方が、今の男子高生には“あこがれの未来”なのかも。

 

将来の夢は変わるもの? 子供のころの夢と高校生の今の夢を徹底比較

 

また、【小学生のころの夢】の2位にランクインした「電車の運転士」と3位の「警察官」は、「好きだったから」「かっこいいから」という理由であこがれを抱いた人が多かったものの、

 

・「子供のころは電車が好きだったけど、そんなに好きじゃなくなった。今は、宇宙飛行士のTwitterを見て、ロケットの製造開発に興味を持っている」(高1男子・埼玉)

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。