体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony MobileはMWC 2017で4K・Snapdragon 835モデルなど5機種を発表か?

Sony Mobile が MWC 2017 で発表すると言われる 5 機種の新型スマートフォンに関するコードネームや一部のスペックを海外の WEB サイト review.ge がスクープと銘打って伝えていました。Sony Mobile の 2017 年モデルについては、まだ低価格帯の G3XXX シリーズしか確認されえいませんが、同サイトによると、フラッグシップ級のスペックを備えた機種も開発されている模様です。ソースには全く言及していないので、どこまでが事実なのかは定かではありません。”Yoshino” は 5.5 インチの 4K ディスプレイや Snapdragon 835-プロセッサ、Sony IMX400 イメージセンサー、4 GB または 6 GB RAM(LPDDR4X)を搭載。”BlancBright” は 5 インチ WQHD ディスプレイ、Snapdragon 653(もしくは Snapdragon 835-i)プロセッサ、4GB RAM、Sony IMX400 イメージセンサーを搭載。”Keyaki” は 5.2 インチフル HD ディスプレイ、Helio P20-プロセッサ、4GB RAM、64GB ROM、2,300 万画素カメラ、前面に 1,600 万画素カメラを搭載。”Hinoki” は、5 インチ HD ディスプレイ、Helio P20 プロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラを搭載。”Mineo” のスペックは不明とされていますが、価格的には $350 水準になるそうです。おそらく、正統なフラッグシップモデルは “BlancBright” で、“Yoshino” は Xperia Z5 Premium の後継といった実験的な機種になると予想されます。Source : review.ge

■関連記事
ASUS、直販サイトでZenFone / ZenPadと関連アクセサリーの同時購入キャンペーンを開始
HTCの幹部、現時点でAndroidスマートウォッチの発売計画はないと明言、“HalfBeak”の発売は棚上げ?
DMM mobile、各プランの15GB/20GBコースを2月より値下げ、2周年キャンペーンも実施

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。