体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

料理好きがいつか手に入れたい「憧れの鍋」第1位は?

料理好きがいつか手に入れたい「憧れの鍋」第1位は?
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。寒い時期はいろんなお鍋料理を作りたくなりますよね。そこで1月25日(水)は、「いつか手に入れたい憧れの“鍋”は?」をテーマにお送りしました。

今回、J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて2,227名(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査をおこなった結果は次の通りです。

■1位 伝統工芸とインダストリアルデザインの融合「柳宗理 南部鉄器」 …29%
アンケートでは「やっぱり日本文化」「柳宗理さんデザインの調理器具は憧れです!」という声の他、「他のお鍋は持っていたり、使ったことがあるけれど、南部鉄器はまだ」という声も多かったようです。

■2位 究極の無水料理が可能な「バーミキュラ」 …24%
女性票だけを見てみると、南部鉄器をわずかに抑えて1位でした。こちらは愛知県生まれのメイド・イン・ジャパンなので、1、2位とも日本のお鍋が独占する結果となりました。「水を使わずに素材の旨味をそのまま引き出せる、究極の蒸し調理ができる」ということで、気になる!使ってみたい!という方が多かったようです。

3位以下の結果は、3位:フランス生まれのロングセラー「ル・クルーゼ」(17%)、4位:ヴィンテージ感も魅力「ストウブ」(13%)、5位:北欧デザインのホーロー鍋「ダンスク」(10%)、6位:重ねてコンパクトに収納「クリステル」(7%)の順となりました。

さて、1位となった南部鉄器のお鍋には、どんな魅力があるのでしょうか? 鉄製の調理道具や薪ストーブなどの販売を行う「COOK & DINE HAYAMA」のオーナーで、鉄鍋の魅力を伝える“鉄鍋伝道師”の山口壮一さんにお話を伺いました。

南部鉄器の最大の魅力は、何と言っても熱を蓄える力が高いこと。薄い鉄鍋に比べて、厚みのある南部鉄器は、一度蓄えた熱をじっくりと優しく素材に与えてくれるので、表面が焦げ付いたりせず、キレイな焼き上がりになるのだそうです。

山口さんには、具体的に南部鉄器の鍋を使って作る、オススメレシピも教えていただきました! この日は簡単なのにすごく豪勢でご馳走感のある「鉄鍋ローストポーク」と、お酒のお供にピッタリの「焼き枝豆」をご紹介いただきました。詳しいレシピは番組サイトに載っているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

南部鉄器は、お鍋以外にも「たこ焼きプレート」「南部鉄器のベイクパン」などが人気なのだそうです。使うだけで美味しい料理が作れるという南部鉄器。料理をするのが楽しくなりそうなアイテムですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時―11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。