体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

04 Limited Sazabysがネコに話しかけると…

04 Limited Sazabysがネコに話しかけると…
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(水曜ナビゲーター:04 Limited Sazabys)。1月25日(水)のオンエアは、ボーカル・ベースのGENとギターのRYU-TAの二人でお送りしました。

この日のオンエアでは、リスナーのメッセージにたくさん答えました。ここでは「フォーリミの皆さんは『好きな声』はありますか?」という質問についての回答をご紹介します。

このリスナーは、「cinema staff」のボーカル、飯田瑞規さんの話しているときの声が好きなのだそうですが、「飯田さんは確かに歌声と普通の声と、またちょっと違う魅力がある」とGEN。

これは“ボーカルあるある”のようで、「僕も普段しゃべってるときと歌ってる声とが違うと思うし、今、しゃベってるけども、これは“ONモード”じゃないですか。“OFFモード”のときはもっと声小さいし、またちょっと違うんですよ」とGEN。

GENは以前に一度、Instagramに「飼いネコの『ちくわ』に話しかける動画」をアップしたそうなのですが、そのとき、フォロワーから「しゃべり方が優しい」「最高!」など、その声への反応が多かったそうです。

そんな歌声と普段のしゃべり方にギャップがあって好きなアーティストを、それぞれ挙げたGENとRYU-TA。RYU-TAは「アルカラ」のボーカル、稲村太佑さんだそうで、「独特。話しているときは普通の少年っぽいけど、歌ってるときはすごい上手いし、やっぱりキレイな声だし」とのこと。加えて、顔と歌声とのギャップも魅力だそうです(笑)。

一方、GENは「GLIM SPANKY」の松尾レミさんを挙げました。「松尾レミちゃんの声がマジカッコいい。あの子は歌ってるときとしゃべってるときは全然違うじゃないですか。ライブを見る前に話して『かわいい声、若い子なんだなぁ』と思ってたら、ライブ見て、めちゃくちゃカッコいいなと。こんなカッコよかったのかと、ビックリしました」と、その魅力を語りました。

皆さんも、歌声と普段の話し声のギャップに萌えるアーティストはいますか?

この他、壁にぶつかっているリスナーさんを“塾長”ことRYU-TAがダミ声で応援する「魁!オガタ塾」コーナーでは、「サッカーの面白さが分からない」というリスナーに、塾長ならではの「サッカーの魅力」を教えたり、「バレンタインデーに、好きな男の子にチョコレートを渡したいけど勇気がない」というリスナーに、背中を押すエールを送りました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。