体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

fox capture plan「新作もカッコいいです」

fox capture plan「新作もカッコいいです」
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー、「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」。1月25日(水)のオンエアでは、5枚目のアルバム「FRAGILE」のリリース当日だったピアノジャズロックトリオ「fox capture plan」の岸本亮さん(Key)、カワイヒデヒロさん(B)、井上司さん(Dr)をゲストにお迎えしました。

この日、同番組にずっと出演し生ピアノBGMを届けてくれていた、ADAM atさんとも実は顔なじみのfox capture plan。冒頭からADAM atさんに「早く弾いて」と無茶ぶりし、「ピアノハラスメント(笑)」と苦笑されていました。ちなみに、ADAM atさんいわく「80対20の割合で僕がfox capture planを一方的に好き」だそうですが、その後すぐ岸本さんも、「81対19で僕らのほうが好きです!」と対抗していました(笑)。

そして話はfox capture planのニューアルバムへ。

坂倉:今回もめちゃくちゃカッコいいですよね!
岸本:はい。
坂倉:(笑)。大好きです、岸本さんのその感じ(笑)。どういうコンセプトで作られたんでしょうか?
岸本:前作から1年以上、アルバムの間隔があいて、僕らにしては長いほうなんですが、それで一歩踏み込んで変化した感じを、誰が聞いてもわかるような作風にしたいなと思って作りました。
坂倉:シンセだったり、ストリングスだったり、新しいアレンジも入ってますよね。
カワイ:デモを作っていて…僕がシンセを入れたくなっちゃって、こっそり入れて聞かせたら「意外とシンセ、ありだね」ってことになって、そこからバシバシ…(笑)。

そんなfox capture planはちょうどこの日の夜から、代官山UNITで、ニューアルバムを引っ提げてのツアーがスタートします。

岸本:今回のライブは集大成でもありますし、「FRAGILE」の曲も選曲の中心になってくると思います。なにせ今日のライブで初めて披露する曲も多いので、僕たちもドキドキしてます。
井上:まず今日が、今年初ライブなんです。いい感じに緊張感ありますね(笑)。

番組ではさっそく「FRAGILE」から「エイジアン・ダンサー」をオンエアしましたが、この曲のミュージックビデオでは、メンバー全員が“リーゼント&スーツ姿”なのだそうです! 気になりますね。

始まったばかりの「FRAGILE」ツアー、ファイナルは4月15日(土)の恵比寿LIQUIDROOMとのこと。気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。