体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

深海生物に触れてみる?イベント「ゾクゾク深海生物」

サンシャイン水族館は、1月27日(金)~3月5日(日)の期間限定で、イベント「ゾクゾク深海生物」を開催する。

深海生物は生息水温が10度程度で、海水の表面水温が下がる冬にしか採集できない上に、水圧の違いから飼育展示できない種類が多くいるという。サンシャイン水族館では毎年冬に深海生物採集に挑戦しており、この冬も12月・1月に採集を実施。

 

同イベントでは、デリケートで長期飼育が難しいため水族館で見られるのは珍しい「メンダコ」や、深海生物の代表的存在「ダイオウグソクムシ」、魚なのに泳ぎが不得意でめったに動かない「ミドリフサアンコウ」、実はヤドカリの仲間で食べると美味な「オオコシオリエビ」など、展示予定(採集の状況や生物の状態によっては、変更になる場合あり)。

さらに、「深海生物ゾクゾクタッチ」(各日13:30~、14:30~/各回定員20名/料金300円 ※別途水族館入場料が必要)と銘打って、深海に棲む生き物に触れられるチャンスも!

ショップ「アクアポケット」では、深海生物グッズを特集。

オリジナル「ダイオウグソクムシスリッパ」2592円(税込)や、

巨大なメンダコのぬいぐるみ「メンダコXL」6480円(税込)などを販売する。

また、「カナロア カフェ」では、深海生物をイメージした「グソクムシケーキ」600円(税込)や、「リュウグウノツカイケーキ」600円(税込)のほか、深海生物が味わえる「深海汁」300円(税込)を期間中6日間、数量限定で販売する。

今しか見ることのできない珍しい深海生物たちに会いに、サンシャイン水族館へ出かけよう!

■『サンシャイン水族館』
住所:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。