体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

下痢には下痢止め薬?正しい服用判断基準を教えて、薬剤師さん!

下痢には下痢止め薬?正しい服用判断基準を教えて、薬剤師さん!
下痢に襲われた際、下痢止め薬を服用して良い場合と、逆に服用してはいけない場合があることをご存知でしたでしょうか?

1秒でも早く止めたい下痢の症状ですが、下痢止め薬の服用には自己判断が危険な場合もあるので要注意です。

今回は下痢のメカニズム、下痢の種類、下痢止め薬の服用判断基準などを薬剤師の吉澤先生に解説していただきました。

下痢が起こるメカニズム

下痢には下痢止め薬?正しい服用判断基準を教えて、薬剤師さん!
便は腸が収縮と弛緩を繰り返す「腸の蠕動運動」によって押し出されていきます。

その後、便が腸を通過する際、腸管からの水分を吸収し柔らかくなり、それによってよりスムーズな排便がされます。

下痢は便の水分量の変化が原因

しかし、なんらかの原因で「腸の蠕動運動」が異常に活発になったり、腸の水分量の調節機能に障害が起きた場合は、便中の水分量が増加して下痢や軟便になります。

便の水分量比較

・健康な便(バナナ状):70〜80%
・軟便:80%以上
・下痢:90%以上

腸は、私たちが摂取する水分の90%程度を吸収しますが、70%は小腸で残りの20%は大腸で吸収されます。

この腸の水分吸収量のわずかな変化でも排便に影響します。

下痢の種類

下痢には下痢止め薬?正しい服用判断基準を教えて、薬剤師さん!

浸透圧性下痢

マグネシウム塩、甘味料(ソルビトール、マン二トール、キシリトール)などの非吸収性の水溶性物質を大量に摂取したときに起こる下痢をいいます。

緩下剤のマグネシウム剤やラクツロースはこの性質を利用したものです。

原因となっている非吸収性の水溶性物質(マグネシウムなどをふくむ飲料水やサプリ)の摂取を中止すれば回復しますが、ビオフェルミンなどの整腸剤を服用しても良いでしょう。

分泌性下痢

腸は、水分を吸収すると同時に水分を分泌しているのですが、細菌などの毒素が身体に入ると、腸からの水分や塩分の分泌が増え、便の水分量が90〜100%となる下痢を指します。

治療薬にはフェロベリン(腸内の有害な細菌を殺菌) 、アドソルビン(腸内の水分を取り除く)が用いられます。

滲出性下痢 (しんしゅつせいげり)

腸に炎症が起きることが原因で腸の水分吸収に障害が起き、腸の中の水分が多くなる原因の下痢になります。

腸の炎症は、潰瘍性大腸炎、クローン病、結核、リンパ腫や腺癌などといった様々な疾患が原因となるので、それぞれの疾患に適した治療薬を服用します。

腸管運動異常の下痢

■ 腸管運動亢進

腸の内容物が急速に通過すると水分の吸収が充分に行われなくなり軟便や下痢便となります。

過敏性腸症候群、甲状腺機能亢進症などが原因になり、疾患ごとに治療を行います。

■ 腸管運動低下

腸内の内容物が非常にゆっくりと通過するため、小腸内に細菌が増殖していまいその結果、脂肪や水の吸収障害を引き起こし下痢となります。

糖尿病、強皮症などの疾患が原因となり、それぞれの疾患に適した治療が必要です。

下痢止め薬の服用判断基準

下痢には下痢止め薬?正しい服用判断基準を教えて、薬剤師さん!
一概に下痢だからとすぐに下痢止め薬を服用することが良いとは限りません。

1. 緊張性ストレスの下痢

ストレスに見舞われる環境下に置かれる前に服用してください。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。