体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラスカ熱海も登場!東海の人気温泉地・熱海の温泉へ行こう【静岡】

熱海サンビーチ

じゃらんが発表する人気温泉地ランキング2017年版!

今回はさらにそのアンケートの回答から、東海エリア在住者にしぼって「もう一度行きたい温泉地」を聞いてみました!

そこで第6位にランクインしたのが静岡県の熱海温泉。

江戸時代には徳川家御用達の名湯として、明治以降は多くの文人墨客に愛された温泉地で、目の前に海が広がるロケーションと湯あたりやわらかな美人の湯が楽しめます。

2016年11月には駅ビル「ラスカ熱海」もリニューアルし、ますます活気づく町。

最近ますます人気急上昇中の熱海の魅力を、観光スポット共にご紹介します。

熱海温泉【静岡県熱海市】

古くて新しい昭和感と観光地らしさが楽しい!

熱海

江戸時代には徳川家御用達の名湯として、明治以降は多くの文人墨客に愛された温泉地。

目の前に海が広がるロケーションと湯あたりやわらかな美人の湯の泉質の良さを実感しよう。

泉質/塩化物泉、硫化物泉

クチコミ

◆古い旅館や商店街の街並み、町のあちこちで湯煙を上げる温泉の源泉など、いかにも古きよき日本の温泉街という感じでした。(2016年10月・30代男性)

◆昔ながらの温泉の趣と新しいリゾート施設が充実している。(2016年8月・50代女性)

人気の理由は…「町の雰囲気」

熱海市役所観光経済課 山田久貴さんに聞きました!

緩やかな斜面に旅館やホテルが並ぶ様子から”東洋のナポリ”と呼ばれる熱海。

生粋の熱海っ子で町を盛り上げたいと24時間365日テレビや雑誌のロケをサポートしている山田さんは

「徒歩15分圏内に、日本の昔ながらの商店街と海外を思わせるリゾート、2つの対照的な町があるんです。

2016年11月には駅ビルが誕生。ひとつの温泉地でいろんな町の雰囲気を楽しめるところは他にないでしょう」と、誇らしげ。

新旧の見どころを兼ね備えた3つのエリアを満喫しましょう。 熱海温泉(あたみおんせん)

TEL/0557-85-2222(熱海市観光協会)

アクセス/電車:JR熱海駅下車

車:東名沼津ICより1時間

「熱海温泉」の詳細はこちら

熱海の玄関口がリニューアル!駅前エリア

ラスカ熱海

ラスカ熱海 「New Atami Style」が施設コンセプトラスカ熱海

土産物店と成城石井が入った1階フロアのイメージパース

熱海駅の建て替えに伴い、2016年11/25にオープンした新・駅ビル。

熱海の玄関口として観光案内所を設置するほか、地元の魅力を発信する多彩な店が登場。

老舗の干物店や和洋菓子店をはじめ、海鮮丼・寿司などの飲食店もラインナップしています。

イカメンチやみかんもちといった限定商品にも注目です。 ラスカ熱海

TEL/0557-81-0900

営業時間/9時~20時(飲食店は11時~21時30分)※店舗により異なる

定休日/なし

「ラスカ熱海」の詳細はこちら

プチバカンスも叶っちゃう!?

リゾートエリア

熱海サンビーチ

熱海サンビーチ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。