体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選

この世界にはまだ見ぬ素敵な景色がたくさんあります。ところが、今見られる風景がこのままずっと見られるとは限りません。世界には、さまざまな原因で失われようとしている風景もあります。

将来この景色が見られなくなるかもしれない、今のうちに行っておくべき5つの旅先をご紹介します。

ブータン

この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
GDPやGNPではなく、「GNH(国民総幸福量)」という新しい基準で国の豊かさを計っているブータン。長年鎖国状態にあったため、手つかずの自然や独自の文化が残っており、ブータンを訪れた旅行者は「世界のほかのどこにもない魅力がある」と言うそうです。

「世界一幸せな国」として脚光を浴びたこともあり、外国人旅行者からの注目が急激に高まっています。2011年の来日で、ブータン国王夫妻の美男美女ぶりが話題になったのを覚えている人も多いことでしょう。

この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
経済発展から距離を置き、伝統文化や精神的な豊かさを大切にしてきたブータンですが、近年観光化が進み、異文化や新しいテクノロジーが流入。チベット仏教の僧侶が携帯電話を手にする光景も当たり前になりました。

開放政策に舵を切ったことで、伝統的な価値観と生活を守り続けてきたブータンの人々の意識や暮らしに変化が生まれる日も、そう遠くはないのかもしれません。

キューバ

118095-04この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
中米に位置する社会主義の国、キューバ。世界遺産にも登録されているハバナ旧市街は、スペイン・コロニアル様式の建造物が見事に保存された美しい街並みで知られています。

この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
ハバナの名物となっているのがクラシックカー。キューバ革命以来、キューバは半世紀以上にわたってアメリカとの国交を断絶し、経済封鎖も受けていました。そのため、現在も50~60年代のアメリカ製クラシックカーが道路を行き交い、時が止まったかのような光景が楽しめるのです。

ところが、2013年に自動車の輸入制限が撤廃され、2015年にはキューバとアメリカの国交正常化が実現。現時点では、キューバ国民にとって輸入車の値段が高すぎるため、すぐにクラシックカーが消滅することはなさそうですが、クラシックカーが走るレトロな光景が見たいなら、早めにキューバ行きを計画したほうが良さそうです。

(次のページに続く)

ナミブ砂漠

この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
アフリカ南部、ナミビアに広がる世界遺産、ナミブ砂漠。総面積8万800平方キロメートルの大砂漠で、「世界最古の砂漠」とも呼ばれています。「ナミブ」とは現地の言葉で「何もない」の意味。その名の通り、別の惑星にいるかのような無の世界が広がっています。ところが、その異次元の美しさが人気を呼び、近年観光客が急増。

この景色が見られなくなるかも!今のうちに行っておくべき旅先5選
人工の光のないナミブ砂漠は、満点の星空を見上げるのに最適な天体ファンの聖地でしたが、観光客向けのリゾートやキャンプ場から、光が漏れるようになってきています。人工の光が生態系を変えてしまう恐れもあり、これまでの「無の美しさ」が失われてしまうかもしれません。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。