体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『SING/シング』の続編が2020年のクリスマスに公開決定

『SING/シング』の続編が2020年のクリスマスに公開決定

 2017年3月17日に日本公開されるイルミネーション・エンターテインメントによるアニメーション映画『SING/シング』の続編が2020年のクリスマスに全米公開されることが明らかになった。

 マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーといった豪華スターが、歌声を披露することで世界中から注目を集めた『SING/シング』は、昨年の12月21日に海外で公開され、現在までに世界中で約4.3億ドルの興行収入を収めている。

 さらにユニバーサルによると、イルミネーション・エンターテインメントによる『ペット』の続編は2019年7月13日、そして『ミニオンズ』の続編は2020年7月3日に公開を予定しているとのことだ。

◎公開情報
『SING/シング』
監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノウィッツ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
2017年3月17日日本公開
(C)Universal Studios.

関連記事リンク(外部サイト)

音楽ファンも存分に楽しめる名曲尽くしの映画『SING/シング』サウンドトラック(Album Review)
ポール・マッカートニー、映画『SING』豪華声優陣とザ・ルーツとともに「ワンダフル・クリスマスタイム」を披露
『ミニオンズ』『ペット』に続く話題作『SING/シング』 クリスマス特別映像が到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。