体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】関ジャニ∞『なぐりガキBEAT』18万超売り上げて現在トップ、THE RAMPAGE/アイマスらを大きく引き離す

【先ヨミ】関ジャニ∞『なぐりガキBEAT』18万超売り上げて現在トップ、THE RAMPAGE/アイマスらを大きく引き離す

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2017年1月23日~1月25日までの集計が明らかになり、関ジャニ∞の2017年第1弾シングル『なぐりガキBEAT』が現在トップに立っている。

 表題曲「なぐりガキBEAT」は、佐々木蔵之介と横山裕(関ジャニ∞)がW主演を務める映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』主題歌となっており、1月28日より全国公開がスタートする。初週3日間ですでに2位以下を大きく引き離す枚数を売り上げたが、映画の公開以降、楽曲の認知拡大によってこの枚数がどこまで伸びていくのか、ひとつの注目ポイントといえる。

 2位に入ったのは、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE『Lightning』。2014年のグループ結成以降、47都市を巡る全国ツアーやEXILE TRIBEアーティストのツアーサポートといった“武者修行”を経ての待望のデビューシングルとなる。3位には、昨年発売されたPSVR専用タイトル『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』のテーマ曲「Yes! Party Time!!」を表題としたシングル作品が入った。

 4位は、映画『新宿スワンII』主題歌を表題としたMAN WITH A MISSION『Dead End in Tokyo』となり、5位は、韓国発ボーイズグループ、100%の日本デビューシングル『How to cry』となった。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2017年1月23日~1月25日までの集計)
1位:『なぐりガキBEAT』関ジャニ∞(エイト) 183,595枚
2位:『Lightning』THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 85,053枚
3位:『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS VIEWING REVOLUTION Yes! Party Time!!』大橋彩香、福原綾香、原紗友里、黒沢ともよ、三宅麻理恵 30,922枚
4位:『Dead End in Tokyo』MAN WITH A MISSION 23,398枚
5位:『How to cry』100% 21,906枚

関連記事リンク(外部サイト)

【第59回グラミー賞】ブルーノ・マーズのパフォーマンスが決定
BIGBANGが首位獲得、『LiveFans』2016年年間観客動員ランキングが決定
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE デビューシングル『Lightning』メンバーコメント到着

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。