体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【先ヨミ】AKB48、2年ぶりのオリジナルALが初動首位 2位はDa-iCEとSuchmosが接戦

【先ヨミ】AKB48、2年ぶりのオリジナルALが初動首位 2位はDa-iCEとSuchmosが接戦

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから、2017年1月23日~1月25日までの集計が明らかとなり、AKB48『サムネイル』が現在1位に立っている。

 AKB48のオリジナルアルバムとしては『ここがロドスだ、ここで跳べ!』以来、約2年ぶりとなった『サムネイル』。約64万枚を売上げ2位以下とは、まさに“ケタ違い”のセールスで首位に立っている。同じく初動3日間で31.8万枚の売上げを記録したSMAPの25周年ベスト盤『SMAP 25 YEARS』(2016年)と比較しても、現時点ではAKB48に軍配が上がる。

 2位争いは接戦。現在2位のDa-iCE『NEXT PHASE』と3位のSuchmos『THE KIDS』は約3,600枚の差となっており、残り4日間の集計で逆転の可能性もあり得る。来週月曜日発表予定の“Top Singles Sales”の注目ポイントとなりそうだ。また、GReeeeN、ユナク&ソンジェ from 超新星も2万枚超えの初動セールスとなっている。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2017年1月23日~1月25日までの集計)
1位『サムネイル』AKB48 639,927枚
2位『NEXT PHASE』Da-iCE 48,349枚
3位『THE KIDS』Suchmos 44,727枚
4位『ALL SINGLeeeeS ~& New Beginning~』GReeeeN 26,767枚
5位『Yours forever』ユナク&ソンジェ from 超新星 22,929枚

関連記事リンク(外部サイト)

【Billboard JAPAN Artist of the Year 2016】はAKB48が獲得!僅差でRADWIMPSをかわす
松井珠理奈「今年は“総選挙”で1位を目指す」 兒玉遥らAKBグル-プ32人が成人式
激動だった2016年の日本音楽シーン~大物注目作リリースラッシュの2017年幕開けへ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。