体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

X JAPAN、新曲「La Venus」も収録する映画『WE ARE X』サントラが全世界同時発売決定

X JAPANに1年以上密着し、リーダー・YOSHIKIの内面にも迫った壮絶なドキュメンタリー映画『WE ARE X』のオリジナル・サウンドトラックが、映画公開と同日の3月3日(金)に全世界同時発売となることが決定した。
アルバム『『WE ARE X』オリジナル・サウンドトラック』 (okmusic UP's)
今作は米ソニーミュージックのレガシー・レコーディングスとワールドワイド契約し、日本でもメジャー・デビュー時のレーベルであったソニーミュージックから四半世紀ぶりのリリースとなる。

映画のエンディング・テーマで、X JAPANならではの荘厳なバラードに仕上がったYOSHIKI書き下ろしの新曲「La Venus」のアコースティックバージョンを初収録しているほか、全キャリアの中でも特に重要な楽曲のライヴ音源やスタジオ音源を収録。映画の内容に沿った内容となっている。

映画はローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画『ストーンズ・イン・エグザイル〜「メイン・ストリートのならず者」』(10年)を手掛けたスティーヴン・キジャック監督とアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『シュガーマン 奇跡に愛された男』(12年)の製作陣がタッグを組んだ音楽ファン必見の話題作である。16年1月のサンダンス映画祭でプレミアされワールド・シネマ・ドキュメンタリー部門「最優秀編集賞」を受賞し、同年SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)映画祭ではノミネート作品として同映画祭で最大のパラマウント・シアターで上映されるなど、すでに世界20以上の映画祭に出品され高い評価を獲得している。16年10月全米先行で一般公開、17年3月3日には日・英同時公開決定。以降、韓、台、独、豪でも順次公開予定。

■映画『WE ARE X』公式HP

http://www.wearexfilm.com/

■X JAPAN オフィシャルHP

http://www.xjapanmusic.com/

アルバム『『WE ARE X』オリジナル・サウンドトラック』
2017年3月3日発売

SICP-31050〜1

※Blu-spec CD2仕様

※2CD

<収録曲>

1. La Venus (Acoustic Version)

2. Kurenai (The Last Live)

3. Forever love

4. Piano Strings of Es Dur

5. Dahlia

6. Crucify My Love

7. Xclamation

8. Standing Sex (Live RETURNS)

9. Tears

10. Longing / Setsubo-no-yoru

11. Art of Life -3rd Movement-

12. Endless Rain (The Last Live)

13. X (The Last Live)

14. Without You (Unplugged)

〜Japan Bonus Track

1. Rusty Nail (DAHLIA TOUR FINAL 〜無謀な夜〜)

2. Forever love (The Last Live)

X JAPAN (okmusic UP's)
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。