体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年の年間観客動員1位はBIGBANG、推定180万人を動員〜LiveFans調べ

2016年の年間観客動員1位はBIGBANG、推定180万人を動員〜LiveFans調べ

ライブファンズは1月26日、音楽ライブ情報サービス「LiveFans」の2016年の年間観客動員ランキングおよびメーカー別ライブ動員シェアを発表した(LiveFansに登録されている2016年1月1日〜2016年12月31日に行われたライブコンサートを元に調査)。

総合部門では、ドームツアー、自身初のスタジアム公演、ファンクラブイベントなど大規模な会場で60公演を開催したBIGABANGが、推定180万人を動員して1位を獲得した。

2位は、9年ぶりのアリーナツアー開催が大きな話題となった嵐。18位には、昨年の再始動を果たしたTHE YELLOW MONKEYがランクイン。自身のライブツアーのほか、フェスにも多数出演し全国を沸かせた。一方、23位にランクインの氷室京介は、4大ドームツアー「LAST GIGS」を以ってライブ活動を無期限休止することとなった。

メーカー別ライブ動員シェアでは、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴが前年よりシェア率を6.1%高め、 2015年に続き1位を堅守した。

また、LiveFansサイトでは、2016年のライブ・コンサートで最も輝いていたアーティストを勝手に決める「第一回ライブファンズ大賞」の最終結果を発表。今回の大賞には、昨年4月から5月にかけて行われた4大ドームツアーをもって35年におよぶライブ活動を休止した氷室京介が大賞に輝いた。これは、ユーザーによる投票と、サイトのアクセス数、レビュー数、参加チェック登録数、ライブ動員力などから総合的に数値化して決定したもの。

そのほか各部門のランキングは特設サイトにて公開されている。

2016年 ライブ動員ランキング詳細
http://www.livefans.jp/matome/17242

「第一回ライブファンズ大賞」結果発表
http://www.livefans.jp/awards

2016年 ライブ動員ランキング(総合)

順位
アーティスト名
推定動員数 (人)
公演数
1公演あたりの平均
1
BIGBANG
1,807,659
60
30,128
2

914,635
32
36,959
3
関ジャニ∞
905,367
35
25,868
4
ももいろクローバーZ
641,242
22
29,147
5
Hey! Say! JUMP
525,500
36
14,597
6
SHINee
510,039
28
18,216
7
三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
507,883
11
46,171
8
Kis-My-Ft2
505,522
11
45,957
9
ジャニーズWEST
500,600
28
17,879
10
小田和正
484,496
48
10,094
11
EXILE ATSUSHI
481,289
12
40,107
12
GENERATIONS from EXILE TRIBE
475,488
41
11,597
13
AAA
470,428
30
15,681
14
DREAMS COME TRUE
438,587
39
11,246
15
EXO
437,155
20
21,858
16
Perfume
396,561
20
19,828
17
コブクロ
379,765
30
12,659
18
THE YELLOW MONKEY
361,853
42
8,616
19
SEKAI NO OWARI
357,246
27
13,231
20
BUMP OF CHICKEN
348,715
7
49,816
21
浜田省吾
346,381
27
12,829
22
iKON
331,361
30
11,045
23
氷室京介
325,861
7
46,552
24
乃木坂46
317,286
32
9,915
25
西野カナ
313,591
36
8,711
26
KinKi Kids
303,342
17
17,844
27
E-girls
301,173
21
14,342
28
2PM
284,946
17
16,762
29
NEWS
274,800
18
15,267
30
浜崎あゆみ
263,266
38
6,928

ジャンル別

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。