体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Daydreamアプリの登録を一般のアプリ開発者に開放

Google は 1 月 25 日(米国時間)、Adnroid 向けの VR プラットフォーム「Daydream」に対応した Android アプリの登録受付を一般の開発者に開放しました。Daydream アプリはこれまでにいくつかリリースされてきましたが、いずれも Google 純正アプリや Google のパートナー企業のアプリだけでした。このほど、一般のアプリ開発者でも Google Play デベロッパーコンソールに Daydream アプリを登録することが可能になりました。しかし、Daydream では優れたユーザー体験を確保するために Daydream アプリとして認定されるためのガイドラインに沿ったユーザービリティと品質を満たす必要があります。この基準を満たすアプリだけが Daydream アプリとして認定され、Daydream のコンパニオンアプリや VR モードの Google Play ストアに掲載されるようになります。アプリの登録方法などは下記のリンク先に掲載されています。Source : Google

■関連記事
サンワサプライ、4~6インチのスマートフォンに対応したヘッドホン付きVRヘッドセット「3D VRゴーグル」を発売
Facebook、Snapchatのストーリーのような24時間で消える投稿機能をモバイルアプリでテスト中
IIJ、「ZenFone 3 Max」の販売を開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。