体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「たらい舟操縦士」の資格を持つKDDI社員が佐渡島にいるというので会いに行ってきた

ある日、編集部にこんな情報が舞い込んできた。

「たらい舟操縦士」の資格を持つKDDI社員が新潟にいるらしい――。

なぜたらい舟操縦士? そんな資格があるの? というか、そもそもたらい舟って操縦するものなのか!? あまりにも謎が多い怪情報に、編集部はざわめいた。その真偽を確かめるべく、TIME & SPACE取材班は現地へ向かうことにした。

東京駅から上越新幹線に乗り・・・・・・。

約2時間で新潟駅に到着。たらい舟操縦士の資格を持つKDDI社員はこの日、仕事で佐渡島へ渡っているとのことなので、取材班もそこへ向かうことに。

新潟駅からバスで新潟港へ向かい、ジェットフォイルという高速船に乗船。

取材班は佐渡島について金山があったことくらいしか知識がなかったので、高速船で移動中にスマートフォンで調べてみた(auの4G LTEは海上を移動中も終始つながっている!)。佐渡島の人口は約5万6,000人。面積は東京都の約半分にあたり、日本の島のなかでは主要4島と北方領土を除くと沖縄本島に次いで2番めに大きい島らしい。また、佐渡金山は2010年に世界遺産暫定リストに記載され、現在は本登録に向けて準備が進められているそうだ。

高速船に揺られること約1時間、佐渡島が見えてきた。窓から見える佐渡島は、たしかにスケールがでかい。

東京を出発してから約4時間、ようやく佐渡島に到着。

たらい舟操縦士の資格を持つというKDDI社員は島内のauショップにいるというので、早速向かってみたところ・・・・・・。

いた。彼がそうらしい。

――あなたがたらい舟操縦士の資格を持っているというKDDI社員の方ですか?

「はい。KDDIコンシューマ営業部・新潟支店の小沼博一と申します」

――ホントに資格を持っているんですか・・・・・・?

「この写真を見てください。資格を取得したときに撮影しました」

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。