体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高橋優、『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』 主題歌を書き下ろし!

高橋優の新曲「ロードムービー」が、クレヨンしんちゃん25周年記念作品『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』の主題歌に決定し、4月15日(土)から全国東宝系で公開されることが明らかになった。
高橋優×クレヨンしんちゃん (c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017(okmusic UP's)
「ロードムービー」は今回の映画の為に高橋優が書き下ろした新曲となっているが、実は高橋と「クレヨンしんちゃん」の接点は古く、25年前の1992年にまでさかのぼる。地元・秋田にテレビ朝日系列局(秋田朝日放送)が開局したその年、ちょうど「クレヨンしんちゃん」のアニメ放送もスタート。 高橋はテレビシリーズはサントラを聞き込むほど入れ込み、劇場作品も映画館に見に行くほど。当時から長年にわたってクレヨンしんちゃん作品の大ファンだったということもあり、映画クレヨンしんちゃん25周年という記念すべき節目の今作で、ついに念願の初タッグを組むこととなった。

今回の『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』』では新キャラクター・宇宙人“シリリ”が登場。シリリを守るため、しんのすけがまさかのオシリ封印し、宇宙規模のおバカしんのすけと謎の宇宙人シリリが日本中で大暴れする壮大且つ、笑いと感動がたくさん詰まった物語となっている。

この映画の脚本を読み、書き下ろされた新曲「ロードムービー」は、旅のゴール地点や結果にこだわり過ぎるより、途中で巻き起こるエピソードや巡り合わせにフォーカスをあてて、今ここにある繋がりや喜びを感じながら歩いていきたい、そんな想いが込められている。

なお、この「ロードムービー」が高橋の2017年第1弾シングルとして2017年4月12日(水)に発売することも決定していて、期間生産限定盤と通常盤の他にクレヨンしんちゃん盤も生産限定で発売決定となり、しんちゃんとのコラボジャケットで、7インチジャケットのスペシャル仕様となる。

高橋の新曲「ロードムービー」はテレビ朝日系にて毎週金曜日よる7時30分から放送中の「クレヨンしんちゃん」のエンディングテーマとしても2月3日放送分から放送される。

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017

【コメント】
■高橋優 

オファーを頂き、すごく嬉しかったです。子供の頃から観ていた「クレヨンしんちゃん」に関われるなんて、まだ信じられません。子供の頃、音楽を聴き始めるきっかけは、好きなアニメや漫画の主題歌が多いと思いますが、僕が何度も聴くうちに、なんて言っているんだろうと音楽や歌詞を意識しはじめたのは、「クレヨンしんちゃん」の楽曲でしたし、僕の原点のひとつになっていると思います。しんちゃんのお父さんとは、出身が同じ秋田なので、もしかしたらシンパシーを感じていたのかもしれません(笑)。

今回は、映画の情景やしんちゃんと宇宙人・シリリの掛け合いを想像しながら、皆で口ずさんでもらえたらと思い、精一杯作りました。映画と共に楽曲を楽しんでいただけたら嬉しいです。

■野原しんのすけ

ほっこりするイイ歌で、オラも気に入ったゾ!さすがオラが見込んだだけのことはありますな〜。みんなも聞けば〜

シングル「ロードムービー」
2017年4月12日発売

【通常盤】(CD)

WPCL-12609/¥1,200+税

<収録曲>

1.ロードムービー

2.未定

3.未定

4.未定(クレヨンしんちゃん盤には未収録)

【クレヨンしんちゃん盤】(CD)

WPCL-12608/¥1,000+税

※生産限定 7インチジャケット

<収録曲>

1.ロードムービー

2.未定

3.未定

【期間生産限定盤】(CD+DVD)

WPZL-31280/1/¥2,000+税

<収録曲>

■CD

1.ロードムービー

2.未定

3.未定

4.未定(クレヨンしんちゃん盤には未収録)

■DVD

内容未定

高橋優×クレヨンしんちゃん (c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017(okmusic UP's)
『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』 (c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017(okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。