体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

富士通、スマートフォンの通信速度が従来比2倍に向上するLTEとWi-Fiの通信経路制御技術を開発

富士通研究所は 1 月 26 日、LTE ネットワークと Wi-Fi サービスの通信経路を負荷に応じて制御することでスマートフォンなどのモバイルデバイスにおける通信速度が従来比 2 倍も向上するという新技術を開発したと発表しました。これは、動画ストリーミングなどの大容量な通信を行うモバイルデバイスの接続が一つの Wi-Fi スポットに集中する場合にサービス品質の低下を防止するために、モバイルデバイス側の通信経路(Wi-Fi か LTE か)を事業者側が一括で変更できるようにするというものです。これにより、Wi-Fi サービス側は混雑による輻輳などが起きづらくなり、モバイルデバイス側は通信速度が向上します。通信速度の点では Win-Win な技術です。富士通のテストでは、クラウド上に配置された制御サーバとスマートフォンにインストールする専用アプリによって機能を実現しています。制御サーバが Wi-Fi スポットへの接続を検出すると、各スマートフォンのアプリから接続情報を収集し、それらのデータを基に評価した上でスマートフォンの経路を変更させます。この場合、スマートフォンの通信速度は向上するものの、データ容量量を消費することになります。富士通の発表によると、Wi-Fi を利用する大きな理由である消費データ量の節約については考慮されていない模様です(関係ないからでしょう)。富士通は今後、より大規模にテストを行って機能の安定化を図り、2018 年に実用化すると述べています。Source : 富士通

■関連記事
IIJ、「ZenFone 3 Max」の販売を開始
ニューバランス、公式アプリ「MyNB」をAndroid Wear「RunIQ」専用アプリに刷新
オウルテック、 スマートフォン用のマグネット式車載ホルダー「OWL-CHSPMG01」と「OWL-CHSPMG02」を2月上旬に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。