体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーの味は何で決まるか知っていますか?自宅で究極のコーヒーを楽しめる「The Roast」

昨今、こだわりの豆を使用し、店舗でロースト、バリスタがコーヒーを淹れるというスタイルの「サードウェーブコーヒー」が話題になっていますね。しかし、店舗に出向かなければ、そのような美味しくフレッシュなコーヒーはなかなか味わえません。そんな中、パナソニックは家庭用コーヒー焙煎機で本格的なコーヒーが飲めるサービスを2017年4月に開始します。

【フォースウェーブ到来】厳選した豆を使用した究極のコーヒーでプチトリップ!

コーヒーの味は何で決まるか知っていますか?

【フォースウェーブ到来】厳選した豆を使用した究極のコーヒーでプチトリップ!
(C)Panasonic

コーヒーの味の決め手となるのは、生豆が7割、焙煎が2割、抽出が1割と言われているそう。そのため自宅で本格的な美味しいコーヒーを飲もうと思っても、高品質なコーヒー豆を生産する農園とのパートナーシップがなければ、難しいのだとか。しかし、「The Roast」なら、厳選されたコーヒー農園のコーヒー豆を使用し、バリスタが焙煎をプロファイルしたコーヒーを味わうことができます。つまり自宅にいながら、バリスタのいるコーヒーショップで飲むようなコーヒーを楽しめるのです。

バリスタの専用プロファイルとは?

【フォースウェーブ到来】厳選した豆を使用した究極のコーヒーでプチトリップ!

(C)Panasonic

コーヒーの味の決め手のひとつとなる焙煎は、確かな腕をもつ職人である焙煎師「後藤直紀」さんがプロファイルを作成。それぞれのコーヒー豆の特徴を見極め、その豆の持つ美味しさや香りを最大限に引き出してくれます。後藤さんは、2013年の「World Coffee Roasting Championship」で優勝した日本人で唯一の世界一の焙煎師なのです。そんな後藤さんがひとつひとつのコーヒー豆の焙煎をプロファイルしてくれるなら、美味しいコーヒーが味わえること間違いありませんね。

「The Roast」のセット(スマホ除く)
【フォースウェーブ到来】厳選した豆を使用した究極のコーヒーでプチトリップ!
(C)Panasonic

ちなみに「The Roast」でコーヒーを淹れる際は、「The Roast」の専用アプリを起動させ、豆の袋に書かれたQRコードを読み込み、バリスタの専用プロファイルを選択して、送信すればオッケーです。

その後に生豆を投入して、焙煎し、チャフを排出すれば焙煎完了となります。これなら朝起きてすぐに焙煎をセットすれば、朝食と一緒に美味しいコーヒーを味わうことができそうですね。

(次のページに続く)

コーヒー豆は鮮度や煎り方によって味と香りが激変!

【フォースウェーブ到来】厳選した豆を使用した究極のコーヒーでプチトリップ!
(C)あやみ

実際にフレッシュなコーヒー豆と古い(劣化した)コーヒー豆の香りを確かめてみると、その違いに驚かされました。フレッシュなコーヒー豆は香り高く、今すぐにでもお湯を注いで飲みたくなります。しかし、古いコーヒー豆は、フレッシュなコーヒー豆と比べると、香りがあまり感じられず、やや酸っぱいような香りでした。

【フォースウェーブ到来】厳選した豆を使用した究極のコーヒーでプチトリップ!
(C)あやみ

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。