体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BIGBANGが首位獲得、『LiveFans』2016年年間観客動員ランキングが決定

BIGBANGが首位獲得、『LiveFans』2016年年間観客動員ランキングが決定

 音楽ライブ情報サービスLiveFansより、2016年の年間観客動員ランキングが発表され、BIGABANGが総合1位を獲得した。

 BIGBANGは、ドームツアー、自身初のスタジアム公演、ファンクラブイベントなど大規模な会場で60公演を開催。推定180万人を動員し、昨年の8位より大きくジャンプアップし、首位となった。続いて2位は9年ぶりにアリーナツアーを開催した嵐が獲得。そして18位には2016年に再始動を果たしたTHE YELLOW MONKEYがランクインした。また、4大ドームツアー【LAST GIGS】をもってライブ活動を無期限休止する氷室京介は23位にランクインを果たしている。また、あわせてメーカー別のライブ動員シェアも発表され、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴが前年よりシェア率を6.1%高め、2015年に続き1位を堅守する結果となった。

 さらにLiveFansサイトでは2016年のライブ・コンサートで最も輝いていたアーティストを勝手に決める<第一回ライブファンズ大賞>の最終結果も発表。本大賞は、ユーザーによる投票と、サイトのアクセス数、レビュー数、参加チェック登録数、ライブ動員力などから総合的に数値化して決定したもの。今回は、2016年4月から5月にかけて行われた4大ドームツアーをもって35年に及ぶライブ活動を休止した氷室京介に決定した。その他各部門のランキングは特設サイトにて公開されている。

◎2016年 年間ライブ動員ランキング(総合)
1位 BIGBANG
2位 嵐
3位 関ジャニ∞
4位 ももいろクローバーZ
5位 Hey! Say! JUMP
6位 SHINee
7位 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

8位 Kis-My-Ft2
9位 ジャニーズWEST
10位 小田和正

◎2016年 年間ライブ動員メーカー別シェア
1位 エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ21.7%
2位 ユニバーサルミュージック14.6%
3位 ソニー・ミュージックレーベルズ14.0%
4位 ジェイ・ストーム7.9%
5位 ワーナーミュージック・ジャパン5.4%
6位 キングレコード4.3%
7位 トイズファクトリー 4.0%
8位 ジャニーズ・エンタテイメント3.5%
9位 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント3.3%
10位 ポニーキャニオン 3.2%
その他
18.0%
※ライブ動員ランキングについて
・LiveFansに登録されている、2016年1月1日~12月31日までに開催されたライブ・コンサートの情報を元にした独自の調査結果となり実際の数とは異なる場合があります。
・ライブ動員数は、チケットが完売したと仮定して、当社で独自に調査した各会場の収容人数を合計した推定値です。
・複数のアーティストが出演するイベントやフェスは集計対象外としています。
※メーカー別ライブ動員シェアについて
・ライブ動員シェア(占有率)は、上位300組の集計結果です。
・今回調査したライブ動員数を元に算出した推定値となり、実際の数値とは異なる場合があります。

関連記事リンク(外部サイト)

BIGBANGが「LiveFans」2016年 上半期観客動員ランキングで1位に
スピッツ 結成30周年記念ツアー【THIRTY30FIFTY50】開催
星野源、【新春Live】で自身最大規模のアリーナツアー開催を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。