体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リア充カップルの旅のウラには、壮絶な努力があった。

リア充カップルの旅のウラには、壮絶な努力があった。

「一度はこんなところに行ってみたい!」思わずそう唸ってしまうような、美しい写真の数々。リトアニアで生まれたカロリナ・ヴァレイカイテさんは、ボーイフレンドのマルコさんと、世界中を“旅する生活”を続けています。

モロッコ、ミャンマー、カンボジアなど、行き先はフォトジェニックなところばかり。でも、その裏には壮絶な苦労がありました。

自分の人生には
何かが欠けている

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2016 10月 14 11:06午前 PDT

旅をするまでのヴァレイカイテさんの人生には、これと言って起伏がありませんでした。リトアニアからロンドンへ留学し、卒業後は、高級ファッション業界で一年間ほど働いていたという彼女。ですが、毎日を過ごしていくうちに、自分の人生に何かが欠けていると感じるようになったといいます。

「おそらく理解してもらえる人もいるかと思うのですが…朝起きたときから、すでにベッドに戻りたいと思ってしまうんです」

4ヶ月間は
仕事4つをかけ持ちで貯金

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2017 1月 20 1:16午前 PST

そんなとき彼女は、マルコさんに出会ったのです。彼はずっと前からロンドンを出て旅することを夢見ていたのです。ふたりは、すぐに旅行の計画を立て始めました。

貯金がある程度あったマルコさんとは対照的に、彼女はお金がなく、4ヶ月間は死ぬ気でお金を貯めることにしたのです。その間は4つの仕事をかけ持ちして、週に110時間働くこともあったそうです。

「仕事中に寝ないようにするのと(笑)、休みなしでたくさんの仕事を管理するのが大変でしたね。地獄のような日々でしたが、いま思うと、とても価値のあった日々でした」

お金が貯まり、ついにロンドンを離れたふたり。自分たちが見たすべての美しいものを撮影しようと決めたそうです。

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2016 11月 7 5:58午前 PST

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2017 1月 9 6:13午前 PST

MARCO COPPOLAさん(@gypseetravel)が投稿した写真 – 2016 11月 28 7:06午前 PST

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2016 12月 8 12:32午前 PST

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2016 12月 24 12:57午前 PST

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2017 1月 14 7:00午前 PST

MARCO COPPOLAさん(@gypseetravel)が投稿した写真 – 2016 11月 16 8:43午前 PST

MARCO COPPOLAさん(@gypseetravel)が投稿した写真 – 2016 12月 1 11:14午後 PST

MARCO COPPOLAさん(@gypseetravel)が投稿した写真 – 2016 10月 11 4:39午前 PDT

KAROLINA VALEIKAITEさん(@outsideboxx)が投稿した写真 – 2016 10月 12 9:28午前 PDT

彼女たちは旅行中に仕事を見つけ、現在はカンボジアのロン島にあるリゾートでオペレーション・マネージャーをしながら、次の旅行への資金を貯めているそう。そんな彼女から、メッセージが届きました。

「勇気と自信を持ち、幸せを求め、限界なんてないと思いながら生きていきましょうね!」

Licensed material used with permission by Karolina Valeikaite

関連記事リンク(外部サイト)

フォロワー数400万人。リア充カップルの旅を写した、あの「Follow Me To」の舞台裏
世界一の「リア充」はこんなデートをしている(動画)
女ひとり、猫1匹の素敵なヨット旅(写真16枚)

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。