体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

加藤ミリヤ、ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』日本版エンドソングを担当

加藤ミリヤ、ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』日本版エンドソングを担当

2014年、空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、2016年『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が2017年3月10日に公開となる。このエンドソングを加藤ミリヤが担当することが、1月26日に発表された。

©2017 Disney
全米興行収入ランキング3週連続1位、アカデミー賞の前哨戦とされる第74回ゴールデン・グローブ賞で“長編アニメーション賞”“主題歌賞”にノミネートと、全米でモアナ旋風を巻き起こしている本作。

3月の日本上陸を前に、日本版の声優陣が既に発表され、日本版エンドソング「どこまでも〜How Far I’ll Go〜」は誰が歌うのかに注目が集まっていた。

ディズニー作品へ初参加となる加藤ミリヤは、「12年くらい音楽をやらせてもらっていて、こんな気持ちになることはずっとなかった。すごくやりたかったことなので、本当に嬉しかったです。夢のような話でした。」と起用が決まったときの喜びの心境を語った。

また、曲に籠めた想いを「“私は、モアナだ”と思いながらレコーディングしました。彼女には自分の世界を広げたいという強い思いがある。私の歌でモアナの意思や気持ちの強さが伝わるような歌になったらいいなと思いました。“自分が決めたことを信じる“というメッセージは私が普段書いている曲の中でも表現しているので、すごく共感しました。」と語った。

さらに「映画が終わって、立って拍手するくらい素晴らしい映画でした。私もずいぶん大人なのですが、大人でこんなにアニメーションの世界観で感動できたことが初めてだったんです。モアナと同じ16才くらいの時って、『自分でなんとかしなきゃいけない』となんとなく思っていたのですが、この映画ではたくさんの人が助けてくれたり、見守ってくれている人々の存在のパワーって、すごく大きいなと思いました。目の前にいなくても、誰かに想われているというだけで、私たちは強くなれるということを教えてもらいました。」と作品の感想を熱く語った。

加藤ミリヤを起用した理由について「本作のエンドソング『どこまでも 〜How Far I’ll Go〜』は16才のモアナの葛藤や一歩踏み出す勇気を描いていますが、劇中でモアナが歌い上げる“どこまでも 〜How Far I’ll Go〜”とはアレンジが異なり、映画を観終わった人たちが作品を思い返しながら聴く、エンドロールでかかる曲です。現代の女性の等身大の歌詞を歌い続けられてきた加藤ミリヤさんなら、きっとモアナの心の葛藤だけでなく、フィルムメーカーたちが作品に込めた“海は世界や人をつなぐ”というメッセージにも共感して下さり、その想いを素晴らしい歌声で日本中に歌声で届けて頂けると思いました」とディズニー担当者は語っている。

全米では第89回アカデミー賞のノミネーションが1月24日に発表され、見事“主題歌賞”“長編アニメーション賞”にノミネートされた本作。全米での“モアナ旋風”がまだまだ続く中、日本でもモアナ旋風が巻き起こることは間違いないだろう。

また、この日本版エンドソング「どこまでも 〜How Far I’ll Go〜」が入ったシングルが3月1日に発売される事も決定している。

リリース情報
映画『モアナと伝説の海』
2017年3月10日公開
日本語版声優:
・モアナの冒険の相棒・マウイ:声優初挑戦となる歌舞伎俳優の尾上松也
・モアナを見守るよき理解者のタラおばあちゃん:夏木マリ
・主役のモアナ:ディズニーヒロイン史上最大級のオーディションで選ばれた期待の新人、屋比久知奈(やびくともな)

リリース情報
シングル「どこまでも 〜 How Far I’ll Go〜」
2017年3月1日(水)発売
初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-9329〜30 1,574円+税
通常盤 SRCL-9331 1,204円+税

関連リンク

加藤ミリヤ オフィシャルサイトhttp://miliyah.com/
加藤ミリヤ Twitterアカウント@MILIYAH_MILIYAH
加藤ミリヤ Instagramhttp://instagram.com/miliyahtokyo

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。