体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手の届かぬ車のようでいて、実は割と届かないでもないBMW M4クーペ相場の妙

▲現行世代の超ハイパフォーマンス車というと「鬼のように高価」というイメージがあり、実際そのとおりでもあるのですが、BMW M4クーペだけは意外と現実的な相場だったりします

▲現行世代の超ハイパフォーマンス車というと「鬼のように高価」というイメージがあり、実際そのとおりでもあるのですが、BMW M4クーペだけは意外と現実的な相場だったりします

怒涛のクーペは気になる存在だが、とかく高価で希少なのが難点

メルセデスAMGの現行C63クーペやBMW M4クーペ、あるいはアウディ RS5という「怒涛のハイパフォーマンスクーペ」は、車を愛好する男子の多くが気になる存在でありましょう。ただし新車はどう考えても富裕層向けのプライス設定ですので、筆者のごとき一般人は必然的に「中古車」を狙うことになります。

が、中古でもまだ高い。

いや「高い」「安い」というのは主観によりますので、人によっては「全然お手頃じゃん?」とおっしゃるかもしれません。しかし客観的な指標で物事を考えるとすれば、例えばメルセデスAMGのC63クーペは新車価格1246万円であるのに対して中古車相場がおおむね1350万~1400万円ですので、少なくとも「高い安いはさておき、現時点では中古車ならではのお買い得感に欠ける」とは言えるはずです。

ていうかC63クーペは1月19日現在で全国に2台しか中古車がありませんので、そもそも「中古車を探す」という行為がまだ成り立ちづらい車種です。アウディ RS5もやや希少で、モデル全体では前述日現在9台が流通していますが、走行2万km以下の「おいしい個体」に限った場合は全国でわずか3台と、はなはだ心許ない数字になるのが現状です。

同じ「怒涛のハイパフォーマンスクーペ」でもやや古い世代のモデルで可とするならば、比較的手頃な中古車が比較的豊富に流通しています。が、「私はそういうのはあまり好かん。やはり最新に近い設計の怒涛系モデルが好ましい」とするのであれば、どうしたってお手頃予算でサクッと買うのは難しくなるのが現代資本主義社会というものです。

▲こちらはメルセデスAMGの現行C63クーペ(※写真はC63 S クーペ)。4LのV8 DOHCターボエンジンは最高出力476psを発生。BMW M4クーペのガチのライバルにあたります

▲こちらはメルセデスAMGの現行C63クーペ(※写真はC63 S クーペ)。4LのV8 DOHCターボエンジンは最高出力476psを発生。BMW M4クーペのガチのライバルにあたります

▲こちらは10年9月登場と、M4やC63と比べると若干古い世代ですが、まだ現行モデルとなるアウディ RS5。A5をベースに最高出力450psのV8 DOHCを組み込んだ怒涛系クーペです

▲こちらは10年9月登場と、M4やC63と比べると若干古い世代ですが、まだ現行モデルとなるアウディ RS5。A5をベースに最高出力450psのV8 DOHCを組み込んだ怒涛系クーペです

しかしM4クーペだけは高年式車もなぜか(比較的)お手頃

しかしながら、そんななかでも例外的にお値打ちなのがBMW M4クーペの中古車であります。

「お値打ち」といっても、その中古車は安めのものでも車両700万~800万円ぐらいするわけですが、M DCTドライブロジックの新車時価格が1126万円であったことを考えれば、しかもボロめの過走行車とかではなく、走行1万km台までの修復歴なし車でもその価格であることを考えれば、これはもう十分「お値打ち」と言えるのではないか。少なくとも、言ったところでバチは当たらないのではないかと、そう考える次第です。

しかも流通量がそれなりに豊富です。

もちろん車が車ですので、現行フォルクスワーゲン ゴルフみたいに803台とか大量に流通しているわけではありません。しかし1月19日現在、全国で67台のBMW M4クーペが流通しており、700万~800万円かつ走行2万km以下のお値打ち系に絞っても、15台が候補に挙がります。これはこの種の車、つまり最新世代の欧州怒涛系ハイパフォーマンスクーペとしては望外に探しやすい状況……と言っても何ら間違いではないはずです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。