体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お腹の中にしゃくとり虫がいる!? 胎動とともに感じ始めた胎児のしゃっくりにびっくり!

f:id:akasuguope01:20161129135447j:plain

29歳の頃に初めて妊娠し、ワクワク感と不安をごたまぜに感じながら妊婦生活をおくっていました。その頃から食の安全や、いわゆる無農薬野菜に興味を持ち始めて今にいたるのは、他ならないお腹の中の息子のおかげだったと思います。

と言うのも、私は当時結婚して数年ほどでしたが、さほど食べるモノなどに気を遣わない人でした。それが、妊娠がわかって(7週目でした)、つわりに苦しんでいる時に役場でもらった母子健康手帳をながめてやり過ごしていたのですが、赤ちゃんや乳幼児の食生活だけではなく、妊婦さんの食生活に関する注意書きが豊富なので、へえー・・・と言うようにそこから関心を持ったのです。

そうして、お腹の子に行く栄養はしっかり気を付けて選ばなくちゃダメだ!と思うようになり、毎日しっかりと歩いて商店街で新鮮な食材を物色し、手間をかけて調理をして、おなかを十分に空かせておいしく食べる・・・という生活に切り替わったのです。それが安定し始めたのは4か月、妊娠14週の時でした。

この心がけのおかげか、トラブルも全くなしに順調に経過し、さて6か月20週目になったあたりでひくひく、とした胎動を感じるようになりました。最初から大きめの動きだったので、「こ、これは一体!」と本当に驚いたのですが、お腹の子からのファーストコンタクトとあってかなり感激しました。 関連記事:胎動の激しさは赤ちゃんの性格!?大人しいベビーに不安な日々

息子は今もそうですが、胎児期から本当に活発な子で、毎日何度もお腹の内側をぼんぼんと叩いて(蹴って?)来るのです。それが普通だったので、いわゆる胎児しゃっくりの感触には戸惑ってしまいました。

同じく、6か月の後半、22週目ごろでした。お腹の中にしゃくとり虫がいて、ぴくぴく・・・とするような感じだったのです。あれっ、息子くんいつもの元気はどうしたの?と思うくらいの奥ゆかしさでした。それが数日にわたり、10分ほどの間しばらく続いたので、だんだんとどうしたのかなあと不審に思い始めました。

たまたま、産院での検査が近日中にあったので、助産婦さんに聞いてみると、一笑して「それ、赤ちゃんがしゃっくりしてるんですよ!」と言われました。えーっ、お腹の中でしゃっくりをしている?!と始めは信じられなかったのですが、ネットで検索して見ると胎動 とともに感じ始めることが多い、とあります。

私自身、ものを早食いしてしゃっくりを起こすことが多いので、これには夫が大爆笑。胎児が早食いしているわけではないのですが、「あっはっは、生まれる前から似たもの親子!」と言われてしまいました。

食の安全には気を付け始めたのですが、こりゃ食べ方にももっと気を付けなくては、と苦笑しながら反省した一件でした。ちなみに生まれて息子はすくすくと育っています。今でも急いでご飯を食べ過ぎてしゃっくりが止まらなくなる時があります。 関連記事:「ペポッ」。6ヶ月になってやっと感じた胎動はしゃっくり!

f:id:akasuguope01:20161128143816j:plain

著者:KT

年齢:31歳

子どもの年齢:2歳3か月

田舎に住んで、シンプル育児&手作りライフを楽しんでいる節約家の兼業主婦です。子どもが大きくなったら一緒に色々な場所へ行けるよう、旅行資金をためるのに在宅ワーク頑張っています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まさかの双子発覚 その時の私の第一声
低出生体重児、無痛分娩のはずが胎児の成長が止まって転院+緊急帝王切開
繋留流産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。