体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題のフィリピン語学留学】体験者が語る、メリット&費用は?

【話題のフィリピン語学留学】体験者が語る、メリット&費用は?

今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。

■フィリピンを選んだのはナゼ?

adachi_01安達さん一家。左から凪ちゃん、ヨシエさん、アルマくん、成紀さん。

Q:まず家族構成を教えてください。
A:父・成紀、母・ヨシエ、長男・アルマ(4歳)、長女・凪(2歳)の4人家族です。

Q:留学しようと思ったきっかけは?
A:お金をかけずに最短距離で英語が話せるよになれたら・・・という思いですね。

Q:数ある留学先からフィリピンを選んだ理由は?
A:「安くて、遊べて、暖かいとはどこだろう?」と考えた時に、白羽の矢が立ったのがフィリピンだったんです。じつは、フィリピンは世界で3番目に英語話者の多い国。しかも、国内に100を超える語学学校があって、全寮制3食付きマンツーマン授業1日8時間程度で、1か月約10万円~15万円という低価格で勉強できるところもあるんですよ。

Q:実際にはどれぐらいの期間、留学した?
A:最初に5ヶ月、家族各自がそれぞれの学校に通い、英語の基礎を勉強。その後の3ヶ月はフィリピンを周遊しながら、旅の中で実践するというスタイルをとりました。

Q:ズバリ、かかった費用は?
A:家族4人、8ヶ月でかかったのは約150万円です。内訳はVISAや外国人登録証代が約20万円、保険代が約25万円、その他が食費・学費・渡航費・アクティビティ代ですね。フィリピンを選んだ理由でもあるのですが、とにかくコストパフォーマンスに優れていますね!

■留学先での生活は?

次は、安達さん一家の留学先での生活にフォーカス。ここでは、より具体的にイメージできるように、実際の写真と共に見てみよう。 adachi_02 フィリピンのなかでも、安達さん一家が留学先として選んだのがドゥマゲティという街。決して大きな街ではないが、人口の1/3が学校関係者と言われるアジア有数の学園都市だ。 「フィリピン国内でも物価が安くて、治安も良くて、病院もちゃんとある。そして、海が近くて、環境がいいんです!」 adachi_3 こちらが安達家が留学中に借りた家。 「新築の家具付きで1ヶ月約2.2万円でした」 adachi_4 長男のアルマくんは現地のインターナショナル幼稚園へ。 「英語が話せない彼のために専属の先生をつけてくれました」 adachi_07 成紀さんが通った語学学校は、1日マンツーマン授業5h×週5日で授業料は1ヶ月に約3.5万円。国内で英会話学校に通うのとさほど変わらない金額で丸一ヶ月勉強ができてしまう。

adachi_08 「ティーチャーズ(笑)。中国や韓国では、フィリピンはかなりポピュラーな語学留学先で、それを象徴するように現地の語学学校の約8割が韓国人の経営なんです」 ちなみにヨシエさんと長女の凪ちゃんは、ベビーシッター兼家庭教師に来てもらい、自宅で英語学習。 「費用は1日5h×週5日で1ヶ月約6,000円でした」

■  肝心の英語の上達具合は?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。