体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ライアン・レイノルズ、映画『デッドプール』のアカデミー賞落選に反応

deadpool

マーベルが今年のアカデミー賞のノミネーションから完全に締め出されたわけではないが、ダーク・スーパーヒーローのコメディ映画『デッドプール』は祝宴から外れた。ライアン・レイノルズが第74回ゴールデングローブ賞のコメディ/ミュージカル部門の男優賞にノミネートされたにもかかわらず、冷遇を受けた。

しかし、デッドプールのチームは、アカデミー賞からの締め出しを深刻にとらえてはいない。レイノルズ自身は「いつもどおり、くすぐり対決を予定しています」とツイートし、ゴールデングローブ賞にノミネートされた直後のツイートをフォローした。



キャラクターのクリエーターのロブ・リーフェルドも、1月24日(現地時間)にアカデミー賞のノミネーションが発表された後、肯定的な姿勢を貫いた。彼にとって、観客と素直につながれたことが十分な賞だった。リーフェルドは「作品は全世界に感動とスリルを与えた。任務完了」とツイート。



本作品は昨年2月の公開後、すぐに話題になった。映画の観客に話しかけるという第4の壁を壊し、過去数年間に公開されたスーパーヒーロー映画とは全く異なるということを、自ら示した作品だった。レイノルズは、これまでにも映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』」でPG指定作品のキャラクターを演じている。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。