体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妊婦 vs 風邪!発熱、おう吐、咳……続々襲われても、私負けない!

f:id:akasuguope01:20160923204045j:plain

妊娠初期から臨月まで、私は何かしら風邪の症状がよく出ていました。回数を重ねるごとに、私の心はたくましく変化していきました。これは、その闘いの記録です。

◇妊娠2か月

微熱と鼻水の風邪を引きました。妊娠中に薬を飲むことに抵抗があったので、ひたすら体を温めてよく眠る作戦に出ました。なるべくこたつで過ごします。

すると、机の上には鼻をかんだティッシュの山。風邪が辛く食欲が低下。「赤ちゃんは大丈夫なんだろうか」と不安になる日々。「ごめんね、がんばってね」赤ちゃんに申し訳ない気持ちで謝りました。

◇妊娠4か月

つわりの終わりが見えてきた頃。夜中に腹痛と吐き気で目覚めました。トイレに直行すると、全く消化されていない状態の夕食を吐いてしまいました。「これは流行のノロウイルス!?胃腸風邪だろうか?」と思いました。ですが、私には謎の余裕がありました。

「ふははは、伊達に2か月つわりで毎日吐いていたわけではないのだよ。私は今、“おう吐マスター”といっても過言ではない。吐き方はうまいし慣れている。吐きまくって、ささっとウイルスを体外に排出してやろうじゃないか!」

私は強気でしたが、甘かったです。当たり前です。ずっと物凄く気持ち悪い。熱もある。水すら受け付けない…つらい。とにかくつらい。お腹の赤ちゃんには、「お母さんダメだわ、がんばれ」と力なく激励をおくりました。2日経って吐き気がなくなってからは、回復も早く一安心でした。 関連記事:妊婦は薬がもらえない?妊娠初期に突然襲った嘔吐と下痢、病院へ行きたいけれど…

◇妊娠6か月

最初は鼻水でした。「今回は熱も出ないしラッキー!しっかり食べて寝ていればじきに治るだろう」と楽観視していました。ところが寝る前と朝方に咳が出るようになりました。それが止まらないのです。長男を寝かしつけながらゴホゴホ。10秒と静かにしていられません。それが1時間くらい続きます。朝も5時頃目が覚めて、咳込み始めます。咳をするとお腹に力を入れるので、赤ちゃんに負担がかかっていないか心配です。

4日それが続き「薬に抵抗があって…」などといっていられません。急いで病院に行き、鼻水が喉に流れているせいだと診断を受けました。妊婦も服用できる薬で鼻水を止め、快方に向かいました。 けれど治ると猛烈に腹が立ってきました。「体を大事にしたいのに。なぜこんなに風邪ばかり引くのか!?」と。

そして私は誓います。「私とお腹の赤ちゃんを脅かす菌やウイルスめ…今度は薬で退治してやる!」と。

◇臨月

またしても風邪を引きました。微熱と喉の痛みです。症状は軽かったのですが、私は覚えていました。前回そうやって侮ったばかりに、止まらない咳に悩まされたことを。すぐに妊婦健診で先生に風邪のことを相談しました。

すると「臨月だからね、薬あんまり飲まないほうがいいよ。治りかけみたいだし、そのまま安静にして治して」と先生。「ああ……!」すぐに薬で治してやるという意気込みは肩透かしを食らいました。でも先生の見立て通り数日で治りました。

風邪だらけの妊婦生活でしたが、幸い赤ちゃんはすくすくと育ち、陣痛が来た時には私も健康でした。鼻にティッシュを詰めながら分娩という事態にはならずにすんでよかったです。 関連記事:妊娠中期に嘔吐ラッシュ!冬の外出でもらってしまったノロウイルスの恐怖

著者:ヤマトユキ

年齢:30代前半

子どもの年齢:3歳・1歳

3歳の自由人男子と1歳の笑い上戸女子の母です。お外大好きっ子たちとわいわいしています。家で作れる最高のカフェオレを模索中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「妊娠したのに・・・多幸感がない!!!」母性って自然に目覚めるの? by水谷さるころ
大号泣!ご褒美アイスを夫に食べられた!情緒不安定な妊婦が激怒した夜 by きのかんち
妊娠中の突然の大量出血

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。