体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

にっぽんの暮らしとデザインが調和した「中座」のための家具と道具を紹介

chuza-isu_02

2017年1月19日(木)から4月4日(火)まで、東京・新宿のにっぽんフォルムにて「秋岡芳夫・豊口克平と考える『中座の暮らし』」展が開催されています。

生活デザインという考えを唱え、広めたデザイナーたちが残したモノ。

古くから床に座る「床座」が基本だった日本の生活は、西洋伝来の椅子に座る「椅子座」の生活が始まり大きくそのスタイルが変わりました。しかし、「靴を脱ぐ」という文化は継承され、それゆえ低く座る「低座」や、床座と椅子座の中間的な存在「中座」といった独自のスタイルが誕生。椅子座が定着した現在も愛され続けています。

本展では、低座や中座を唱えた工業デザインのパイオニア、秋岡芳夫と豊口克平の作品を中心に紹介。半世紀以上愛され続ける名作イスや日本各地の手仕事による道具類を通じ、現在の暮らしにもなじむ日本ならではの物と人のいい関係を提案しています。

戦後を代表するデザイナー2人の仕事を通して、日本のいい家具、いい暮らしを体感してみてください。

chuza-isu_03 あぐらのかける男のイス デザイン:秋岡芳夫 chuza-isu_04

秋岡芳夫・豊口克平と考える「中座の暮らし」

会期:2017年1月19日(木)~4月4日(火) 10:30~19:00

※祝日以外の水曜日・2月19日(日)は休館

会場:にっぽんフォルム

展示アイテム:スポークチェア(豊口克平)

トヨさんの椅子(豊口克平)

あぐらのかける男の椅子(秋岡芳夫)

中座イス(坂倉準三建築研究所 担当:長大作)

クリの角テーブル(秋岡芳夫 / モノ・モノ)

漆器、竹かご、南部鉄器、木製キッチンツールなど(モノ・モノ)

▽デザイナープロフィール 秋岡芳夫

工業デザイナー、木工家、著述家、教育者 1920-1997

1920年熊本県生まれ。

東京高等工芸学校(現・千葉大学工芸学部)卒業。

1953年にデザイン事務所KAKを設立。

消費社会の到来にいち早く警告を発し、「暮らしのデザイン」「工作人間」「裏作工芸」「工房住宅」といった持論を実践し、日本各地で手仕事を通じた地域再生に尽力した。

東北工業大学工学部教授、共立女子大学生活美術学科教授を歴任。

豊口克平

工業デザイナー 1905-1991

1905年秋田県生まれ。

東京高等工芸(現・千葉大学工業意匠学科)卒業。

1928年バウハウスの理念にもとづいだデザイン研究団体「形而工房」を結成し、量産向けの家具作品を発表。

1933~59年商工省工芸指導所勤務。

1959年豊口デザイン研究室開設。

桑沢デザイン研究所、武蔵野美術大学教授、日本インテリアデザイナー協会、日本インダストリアルデザイナー協会の各名誉理事、工芸財団理事長を歴任。

勲三等瑞宝章、貿易振興総理大臣功労賞、国井喜太郎産業工芸賞など受賞。

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

磁石を使ったライフスタイルブランド「auren」スタート、青山に旗艦店オープン
にっぽん発、こだわりの照明をセレクト「あかり・素材・技」展、開催中
29年間のコレクション販売イベント「Otsubo 29」、第3弾はインテリア特集

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。